ニュース&レポート

映画監督・村上隆、“これ以上できないぐらいの自信作”をお披露目『めめめのくらげ』完成披露試写会

めめめのくらげ

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月26日(土)より公開される、村上隆初監督によるファンタジー作品『めめめのくらげ』。本作の公開に先立ち18日(木)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて完成披露試写会が実施され、村上隆監督、末岡拓人、 浅見姫香、窪田正孝、斎藤工が登壇した。
映画監督・村上隆、“これ以上できないぐらいの自信作”をお披露目『めめめのくらげ』完成披露試写会

世界的アーティスト村上隆初監督の実写+CGによるファンタジー作品『めめめのくらげ』は、少年と不思議な生き物“ふれんど”との友情の絆を描く感動作。10年以上前よりフルCGアニメーション作品として村上自らが温めていたオリジナルアニメの企画をベースに、実写+CGの融合で生み出される本作は、一昨年の夏に撮影を終えてから1年半以上かけての完成し、今までの日本映画にはないスケールと世界観が注目されている。

初めて映画監督を務めた村上は、「映画を作るという初めての経験でしたが、今まで1000本以上の映画を見てきたので、一般の方と同じ目線で作りました。現場スタッフは大変だったと思いますが、これ以上できないぐらいの自信作となりました」と、笑顔でコメント。

今回初めて主演に抜擢され、本日が初めての舞台挨拶登壇となる主人公・正志役の末岡拓人は、緊張しながら「撮影のときは体力がなかったり注意されてばかりで思い出に残ってます」と発言し、観客からドッと笑い起こった。「村上監督はダメなところはダメと最後まで言ってくれていて、正直怖いなと思っていたけど、今となっては感謝しています」と真顔で言うと、さらに会場は爆笑に包まれた。

ヒロイン役の浅見姫香は、「初めてのアクションで表情の指導をされました」と撮影のエピソードを語る。謎の黒マント4人衆の一人で今人気急上昇中の窪田は、「CG盛りだくさんで今まとの現場とは違いました。現場で子供のように監督が楽しんで仕切っているのを見て元気をもらった」と、監督の撮影の印象を語った。正志の叔父役で映画好きで有名な斎藤は「子供とは思わず表現者として、勉強になりました。正志は芝居をしている以上に、それを超えるものをもっていましたね」と、子供たちとの撮影現場を振り返りながら末岡を絶賛。

完成した本作を見たキャスト4人は、「撮影中は人形だったくらげ坊やほかのふれんどの動きや表情が可愛い」(末岡)、「ドキドキ、ワクワクしていて迫力がすごいです。自分が出てて不思議。夢のような映画です」(浅見)、「子供のころに見ていたものや夢が詰まっていて、童心に帰れる映画です。正志になりたいと思ったし、羨ましかった!」(窪田)、「公開までのプロセスがアーティスト村上隆を物語っています。日本の枠じゃはかりきれないエネルギーを持った映画であり、今後飛躍していく生き物です」(斎藤)と、村上にしか作ることのできなかった映画として絶賛。

村上は、「最後まで見逃すことなく楽しんでいってください」と満面の笑みで放った最後の一言から自信のほどがうかがわれた。フォトセッションでは、メインキャラクターを務める、くらげのようで可愛らしく自由自在に飛び回る“くらげ坊”と、もふもふした身体が特徴的で力持ちの“るくそー”も登場。会場からは「可愛い!」という声が上がり、キャストと同様の人気ぶりをみせていた。
2013年4月19日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『めめめのくらげ』
2013年4月26日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他 全国順次ロードショー
公式サイト:http://mememe.gaga.ne.jp/