ニュース&レポート

アリ・アスター監督来日 『ミッドサマー』は「ファンタジーあふれる恋愛ドラマ」 日本映画への愛も語る

ミッドサマー

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
長編デビュー作『ヘレディタリー/継承』が世界的なセンセーションを巻き起こしたアリ・アスター監督が、話題の最新作『ミッドサマー』を携えて来日し、都内で行われた先行上映会の舞台挨拶に登壇。 物語の舞台となるスウェーデンにルーツを持つタレントのLiLiCoをMCに迎えて、トークセッションが行われた。
アリ・アスター監督来日 『ミッドサマー』は「ファンタジーあふれる恋愛ドラマ」 日本映画への愛も語る

今回が初来日となったアスター監督は日本のファンを前に「温かい歓迎をありがとうございます。日本に来られてワクワクしていますし、この映画をみなさんに届けられて嬉しいです」と笑顔で挨拶。

青と黄色のスウェーデンカラーの民族衣装に身を包み、花で編んだ冠を頭にかぶって登場したLiLiCoは、スウェーデンの奥地で行なわれる夏至祭を訪れたアメリカ人学生たちが遭遇する想像を絶する体験を描いた本作について、さっそく「スウェーデン人としての感想」として「私たちの誇る素晴らしい夏至祭をよくもここまでとんでもないものに…」と先制カウンターパンチ! これにはアスター監督も「ごめんなさい」と平謝りで会場は笑いに包まれる。

もともと、前作『ヘレディタリー/継承』の脚本を読んだスウェーデン人のプロデューサーから、アメリカ人がスウェーデンのコミューンを訪れるという物語で何か作れないかとオファーを受けたそうだが、「ちょうどその時期、僕は彼女と別れたばかりの時期で、失恋ムービー、別離を描く作品にしたら、面白いものになるんじゃないか? そう考えると夏至祭がすごく魅力的な題材に思えてきたんです」と本作の制作の経緯について説明する。

実は、予算などの関係もあって、撮影が行われたのはスウェーデンではなくハンガリーのブダペスト郊外。「スウェーデンの伝統や民間伝承、北欧の話やドイツや英国、ロシアの伝承まで幅広くリサーチをして、最終的にそれらの中から物語に合う部分を取り入れて作っていきました。何もない平原に2か月で村を作り上げたんです」と明かしたが、LiLiCoも、村の建造物や食べ物など「細かい部分まで本当によくリサーチされていて、村のデザインもリアルでした!」と称賛を贈る。

LiLiCoは、アスター監督が描く“恐怖”描写について「ひとりになる恐怖。誰かを失うことの怖さを描いていると思う」と語り、「『ミッドサマー』も怖そうで観に行けない」という声が出ていることについて質問。アスター監督はこれに深くうなずき「たしかに『ヘレディタリー/継承』はホラー映画だったかもしれないけど、この映画はホラーとは思ってません。いろんな形で見られる作品であり、ダークコメディであり、民間伝承モノであり、見る人はヒロインのダニーに気持ちを寄り添わせてみることができるし、彼女の観点で言うならフェアリーテイル、おとぎ話でもあるし、ブレイクアップムービー、つまり失恋映画でもあると考えています」と語る。

「カップルで観たら別れる」という語られ方もしていることについては、微笑みながら「付きあっているけれど、本当は一緒にいるべきではないと思っている二人は、ぜひ一緒に観て” 『ミッドサマー』を観て別れた”という伝説を残して欲しいですね」と語った。

さらにLiLiCoが監督の作品の中にある“日本映画”的なテイストに言及すると、アスター監督は「光栄です」とニッコリ。「小さい頃から日本映画を見て育ちましたし、特に昔の日本の怖い映画――『雨月物語』や『鬼婆』、『藪の中の黒猫』、『怪談』、『愛のコリーダ』と言った作品が好きですし、この映画のプリプロダクションの段階でも今村昌平監督の『楢山節考』『神々の深き欲望』といった作品の名前があがりました。黒沢清、それから今日、対談させていただいた園子温など現代日本映画の監督の作品もすごく好きです。僕は、映画のムードや感触に反応するんですけど、日本映画にはそういう資質――儚さやミステリを感じますし、それはいま、他の国々の映画から失われつつあるものだと思います」と熱く語った。なお、今回の来日では2週間ほど日本に滞在する予定で、京都などにも足を運ぶ予定だという。

改めて、これから映画を見る日本のファンに向けてアスター監督は「決してホラー映画ではないし、怖がらせようと作った作品でもありません。ファンタジーあふれる恋愛ドラマ人間関係のドラマであり失恋映画です。観ると爽快、浄化されるような感覚も味わってもらえたら嬉しいですし、『この人たち、もう別れた方がいいんじゃないかな?』と思うカップルの友人をぜひ映画館に連れて行ってください!」と呼びかけ、割れんばかりの拍手の中で舞台挨拶は幕を閉じた。

アリ・アスター監督来日 『ミッドサマー』は「ファンタジーあふれる恋愛ドラマ」 日本映画への愛も語る
2020年1月31日
『ミッドサマー』
2020年2月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
公式サイト:https://www.phantom-film.com/midsommar/