ニュース&レポート

1人3役の山田孝之、ダンサーの実姉と共演するもスタッフには内緒 『ミロクローゼ』初日舞台挨拶

ミロクローゼ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
マネキンを使ったシュールなコメディ「オー!マイキー」で知られる石橋義正監督が、その奇才ぶりを発揮する異色なラブファンタジー『ミロクローゼ』。本作が24日(土)に公開初日を迎え、東京・渋谷のシネクイントで行われた初日舞台挨拶に、主演の山田孝之、共演のマイコ、石橋杏奈、原田美枝子、石橋義正監督が登壇した。
1人3役の山田孝之、ダンサーの実姉と共演するもスタッフには内緒 『ミロクローゼ』初日舞台挨拶

映画『ミロクローゼ』は、「バミリオン・プレジャーナイト」「オー!マイキー」などのテレビ番組でその独特の世界と映像美が評価されている石橋義正が、本格的な実写映画に取り組み、監督・脚本・美術・編集・音楽を担当。愛に突き動かされる3人の男を山田孝之が一人で演じ、共演にマイコ、石橋杏奈、奥田瑛二、原田三枝子らが参加したラブ・ファンタジー。

舞台挨拶では主演の山田が、「3年前に撮った本作がやっと公開初日を迎え、大変嬉しく思っています」と挨拶。共演のマイコは、「今日という日を心待ちにしておりました!本作は色々な角度から楽しむ事の出来る作品なので、たくさんの人に楽しんで頂けると思います」。原田は、「私は石橋監督と本作が大好きです。本作をたくさんの人に観て頂けるよう祈っています」。そして石橋監督は、「構想から今日までおよそ8年かかりましたが、公開初日を迎え、感無量です!」と、初日を迎えた喜びをかみしめた。

また、劇中で、腰が異常に柔らかい遊女“女萎魅”を、山田の実の姉であるダンサー、椿かおりが演じていることも明かされ、山田は「最初に台本を読んだ時、姉の名前が入っていてすごくびっくりして、すぐに「ついに共演ですな!」とメールを送りました(笑)」と照れながら話し、「撮影中にわかってしまうとスタッフや共演者のみなさんに気を遣わせてしまうと思い隠していましたが、撮影終了後監督だけには伝えました」と、スタッフには内緒だったことが明かされた。

本作はニューヨーク・アジア映画祭にて山田が日本人初のライジング・スター・アワードを受賞。また北米最大の映画祭ファンタジア映画祭において長編劇映画部門・最優秀監督賞を受賞するなど海外でも高く評価されており、登壇したキャストも日本での公開初日を迎え「この作品が出来た同じ時代に生きていてよかった!と心から思っている。是非たくさんの人に劇場で観て欲しい」(山田)、「観る度に色々な印象を受ける多様な映画。1度ではなく何度も楽しんでほしい」(マイコ)、「自信をもって勧められる作品」(石橋杏奈)、「どんどんこの作品がたくさんの人に広がっていくと信じている」(原田)、「この作品をきっかけに新しい日本映画の形が広がって欲しい」(石橋監督)と、それぞれが本作に対する熱い想いを語った。
2012年11月26日
『ミロクローゼ』
2012年11月24日(土)シネクイント他全国公開
公式サイト:http://www.milocrorze.jp