ニュース&レポート

『味園ユニバース』、伊ウディネ・ファーイースト映画祭で公式上映 渋谷すばるからメッセージも

味園ユニバース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
渋谷すばる・二階堂ふみ共演、興行収入2億5千万円を突破し、大ヒットロングラン中の映画 『味園ユニバース』。本作が、イタリアで開催中のウディネ・ファーイースト映画祭のコンペティション部門に出品され、4月25日(現地時間)に公式上映がおこなわれた。
『味園ユニバース』、伊ウディネ・ファーイースト映画祭で公式上映 渋谷すばるからメッセージも

ウディネ・ファーイースト映画祭は、イタリアのウディネで開催される東アジア、東南アジアの話題作を集めた映画の祭典。コンペティション部門に出品された作品が対象となる賞は、観客賞、批評家賞、ネット観客賞の3つの賞。同映画祭では日本映画にも多くの注目が集まり、2014年には『永遠の0』が観客賞、『テルマエロマエ2』がネット観客賞を、2013年には『俺俺』がネット観客賞を、2012年には『テルマエロマエ』がネット観客賞を、2011年には『告白』がネット批評家賞、ネット観客賞を、2010年には『BANDAGE バンデイジ』がネット観客賞を受賞した。

9年前の同映画祭での『リンダ リンダ リンダ』の上映が好評を博したことから、山下監督作への現地の期待は高く、上映が行われるメイン会場のTeatro Nuovo Giovanni da Udineには30分前から長蛇の列ができ、1200席が満席となる盛況ぶり。上映前の舞台挨拶では、山下敦弘監督は全てイタリア語であいさつを行い、観客をおおいに盛りあげた。

さらに、主演の渋谷すばるから、会場に訪れたイタリアのファンに向けた手紙が届くサプライズも。「初めて主演させて頂いた映画が、イタリアの皆様にも見ていただけることになり、本当に嬉しく思っております」という渋谷のメッセージを山下監督が代読すると、会場は暖かな拍手に包まれた。

上映後は、5分間にわたるスタンディングオベーションが巻き起こり、会場ロビーは監督へのサイン、握手を求めるファンたちで溢れかえり、大好評のうちに公式上映は終了した。終了後、山下監督は「映画祭自体が、お客さんと監督がとても身近でレスポンスもすごく良いので、渋谷君や二階堂ふみちゃんも連れてきたかった。あと赤犬も」と喜びのコメント。5月2日(現地時間)の観客賞他の受賞発表にむけて大きな弾みをつけた。

『味園ユニバース』は、6月には世界12大映画祭のひとつ、第18回上海国際映画祭に出品されることも決定しており、日本にとどまらず、世界各国から注目を集めている。

山下敦弘監督 コメント

■上映前舞台挨拶:(全てイタリア語で挨拶)お久しぶりです。監督の山下敦弘です。以前、『リンダリンダリンダ』という映画でウディネに呼んでもらいました。前回と同様、今回も音楽映画ですが、女の子はあまり出てきません。おっさんだらけの映画ですが、楽しんで帰ってください。ありがとうございました。
■上映終了後のコメント:まだ興奮が冷めないですが、観ている間はみんなじっくり観てくれて、終わった直後にみんな拍手をくれたので、すごくホッとしたし、ウディネのお客さんはいいなと。(ウディネに来たのは)9年ぶりで、前回も音楽映画で、たぶんウディネでは音楽映画の監督だとイメージされているかもしれない。映画祭自体が、お客さんと監督がとても身近でレスポンスもすごく良いので、渋谷君や二階堂ふみちゃんも連れてきたかった。あと赤犬も。ありがとうございました。

主演・渋谷すばるから観客へのメッセージ

※山下監督が代読
こんにちは、渋谷すばるです。本日は、「味園ユニバース」にお越しいただきましてありがとうございます。初めて主演させて頂いた映画が、イタリアの皆様にも見ていただけることになり、本当に嬉しく思っております。僕が生まれ育った大阪を舞台にした音楽映画ですので、大阪の匂い、大阪の良さを映画を通して感じていただけたらと思います。是非、楽しんでいって下さい!
2015年4月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『味園ユニバース』
2015年2月14日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://misono.gaga.ne.jp/