ニュース&レポート

吉行和子&松岡充、撮影中は相思相愛!?『御手洗薫の愛と死』完成披露試写会

御手洗薫の愛と死

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月18日(土)より公開される『御手洗薫の愛と死』の完成披露試写会が、9日(木)、東京・スペースFS汐留で行われ、主演の吉行和子と松岡充、そして両沢和幸監督が登壇した。
吉行和子&松岡充、撮影中は相思相愛!?『御手洗薫の愛と死』完成披露試写会

映画『御手洗薫の愛と死』は、著名な女流小説家・御手洗薫が、とある事故をきっかけに、新進男性作家・神崎のゴーストライターとなったことから巻き起こる愛憎劇を描いたミステリー作品。主人公の御手洗薫役に吉行和子。野心溢れる新進作家・神崎龍平役には、ロックバンドSOPHIAのヴォーカルで、舞台・ミュージカル界でも活躍する松岡充が扮する。

御手洗薫と神崎龍平の愛について聞かれた松岡は、「僕、劇中で薫さんの事愛してましたよ!」と答え、これに対し吉行も、「私も愛してました!」と返答。2人のほほえましい相思相愛に、会場は笑いの渦に包まれた。

さらに、お互いの印象について吉行は、「松岡さんはさわやかな青年です。そして彼はミュージシャンなので、ミュージシャンとの芝居はリズムが違います。だから、とても新鮮でした」と語り、一方松岡は、「吉行さんは吉行さんそのままでした。御手洗薫は吉行さんそのものだと思いました」と答えた。

本イベントでは、2014年に相応しい一文字というテーマで、主演の二人が書初めを生披露。“愛”と書いた吉行は、「心の中に愛を持っていたい。そして人にいつでも愛されたいので愛を書きました」。松岡は、自身の名前でもある“充”と書き、「充実していて愛が充ちる年に出来たら」と語った。

最後に吉行は「この作品はとてもハラハラドキドキします。是非皆さんに楽しんで頂きたいです」と会場にメッセージを送り、本イベントを締めくくった。
2014年1月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『御手洗薫の愛と死』
2014年1月18日(土) 有楽町スバル座ほかにてロードショー
公式サイト:http://mitarai-movie.com