ニュース&レポート

藤原竜也VS山田孝之、早口言葉対決でバトルに終止符!『MONSTERZ モンスターズ』初日舞台挨拶

MONSTERZ モンスターズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
中田秀夫監督、藤原竜也と山田孝之が主演したサスペンス・アクション『MONSTERZ モンスターズ』の初日舞台挨拶が30日に行われ、藤原竜也、山田孝之、石原さとみ、落合モトキと中田秀夫監督が登壇した。
藤原竜也VS山田孝之、早口言葉対決でバトルに終止符!『MONSTERZ モンスターズ』初日舞台挨拶

藤原は、「今日、いよいよ初日を迎えて緊張しています」と挨拶。映画について「自分の世界を作り上げ、過去を背負い、山田くん演じる終一を“死んでも殺す”と言っているのに絶対に死なない…そんな映画になっています」と簡単に説明すると、続けて山田は、「予告編の感じでは緊迫したシーンの続くアクションが続くように見えるかもしれませんが、映画はそういうシーンの後に裸の男が出てきて、緊迫したシーンの後に裸の男が出てきて…(笑)」と紹介。藤原がすかさず「そんなに出てないでしょ?」とツッコミを入れると、ふたりでボソボソと言葉を交わし、映画撮影から長きに渡って行われたプロモーションを通じてすっかり打ちとけた様子を見せた。

また、山田との初共演について藤原は、「これまで出会っていたようでなかった初共演で、色々勉強になる部分があって楽しかったです」と振り返り、山田は、「藤原さんの演技にものすごい執念を感じました」と語った。

石原は、「お客さん1人1人に感想を聞きたいぐらいです。緊迫したシーンの後、私が登場するシーンでひと息付いてもらえると思います。肩の力を抜いて見てください」と挨拶。終一の仲間でゲイであるジュンを演じた落合は、「太賀もここに来たかったと思います」と共演者への気遣いをみせ、ゲイという難しい役どころを、「衣装が奇抜で楽しかったですね。特に、山田さんたちとのスパでのシーンは笑ってもらえたら」と振り返った。

中田監督は、「無事初日を迎えることができました。僕にとって肉弾戦のアクションは初めてで、しんどかったけど楽しく作ることができました」と挨拶。石原に「この映画はアクションにCGを使っていないんですよね?」と聞かれると、「“極力”使わないようにしました。でも、僕の出演シーンは使ってるんです(笑)」と自ら出演していることを明かし、会場を驚かせた。続けて、難しかったシーンとして、高層ビルのオフィスの人々が集団で首をひねるシーンを挙げた。ここは、何度も撮影したものを重ね合わせるという手法を取ったのだそう。

そして、3月から行ってきた藤原竜也vs山田孝之による<禁断のバトル>もこの日がいよいよ最終戦。【あっち向いてホイ!対決】【瞬き禁止!対決】【リフティング!対決】など、これまでの8つの対戦と成績がスクリーンに紹介され、流れたのは、【早口言葉!対決】の映像。この対決に勝利したのは、全く言えていないにも関わらず、タイムで上回った藤原。登壇者と超満員の観客たちは大笑いしながら映像に見入り、映像が終わったところで、「思うところは皆さん一緒だと思います」と切り出した山田に藤原は「勝ちは勝ちです!」と、ここでも堂々の勝利宣言。

これまでの対戦成績は、藤原が5勝で山田が3勝。ファイナルバトルとなる今回は、勝者は3勝分の価値を持つ特別ルールで実施されることになった。テーマはなんと【早口言葉リベンジマッチ】。「新春シャンソンショー」「国語 熟語 述語 主語」「この竹垣に 竹立てかけたのは 竹立てかけかけたかったから 竹立てかけた」のお題に2人とも大苦戦のあげく、タイムはなんと全く同じ1分10秒。そこで、急遽「竹垣」の1回勝負が行われ、集中力を高めて完璧に言いきった山田が勝利。言い終えた瞬間、会場からは大きな拍手が起こった。

石原がドラマの収録時にプレゼントされたことがあり、印象深かったという顔のプリント入り特大ケーキが贈られた。最終戦に勝利し、逆転で、<禁断のバトル>の勝者になった山田には、ご褒美として、自身の画像が印刷されたケーキが贈られた。最後に藤原が観客に向けて、「全国を周ってきて宣伝してきたので、今日公開を迎えられてうれしいです。心からみなさんに感謝します、ありがとうございました」と締めくくった。
2014年6月2日
『MONSTERZ モンスターズ』
2014年5月30日(金)全国ロードショー
公式サイト:http://www.monsterz-movie.jp