ニュース&レポート

しっかり者の妹・堀北真希&マイペースな兄・松田龍平、撮影中の素顔を暴露

麦子さんと

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
アニメ好きのオタク女子“麦子”とその兄、そして彼女たちを捨てたはずの母との絆を描いた感動作『麦子さんと』のトークイベント付き試写会が、28日(月)に開催され、劇中で兄妹を演じた松田龍平と堀北真希、メガホンをとった吉田恵輔監督が登壇した。
しっかり者の妹・堀北真希&マイペースな兄・松田龍平、撮影中の素顔を暴露

満席の観客席から温かい拍手で迎えられた堀北は、「(映画の)公開も近いので楽しみです。今日は皆さんの心があったまるといいなと思います」とハキハキと挨拶したのに対し、松田は「あっ、どうも」と独特の間合いで挨拶をすると、会場からはクスクスと笑い声が。

そんな正反対な二人を兄妹役にキャンスティングした理由を尋ねられた吉田監督は、「もともと麦子は堀北さんをイメージして書いたのですが、似ているようで似てない兄を登場させたかったんです。松田さんなら、独特の気持ち悪さを出せるだろうと思って、お願いしました(笑)」と明かすと、松田さんは「気持ち悪いって、すごい言いよう…」と苦笑。すると吉田監督は「いや、いい意味ですよ。気持ち悪いは最高の褒め言葉です!」と必死にフォロー。しかし、オファーを受けた時の様子を聞かれた松田は「『純喫茶磯辺』が好きだったので、吉田監督の作品に出られて光栄です」と、念願の出演だったようで、監督へ敬意を表した。

松田の印象を聞かれた堀北は「寡黙そうなイメージだったので、はじめは緊張しました。でも、実はおしゃべりなんですよ。私が撮影中にウトウトと寝ている時もわざわざおこしにきたり、集中して書き物をしているところをあえて話しかけにきたり」と意外な撮影秘話を明かし、松田は「堀北さんはイメージと違って、テキパキと進行してました。でも、撮影中は静かだったので、今こんなに元気に話しているのにビックリしてます」と互いにイメージとは異なる印象だったよう。

そんな二人を吉田監督は「思っていたのとは違ったんですけど、二人の独特の間合いがいい意味で裏切ってくれて。堀北さんはスラスラとセリフが出てくるのに、松田くんは一瞬忘れちゃったのかな、っていう間があって。それが面白かったんですよね。それにしても、朝ドラの“梅ちゃん先生”と“ミズタク”という、こんな豪華なキャストが出てくれて感謝してます」とご満悦の様子で答えた。

それを聞いた堀北は「そういえば朝ドラの話、しましたよね?」と松田に問いかけると、「したっけ?」と全く覚えていない様子。すると吉田監督は「きっと朝ドラの先輩として聞きたかったんだよね?」と再びフォローすると、「これから出るんだよね、と話したかもしれません」と相変わらずなマイペースっぷりで、会場の笑いを誘った。

さらに、実際にお互いが兄妹だったらどう思うかという問いに、二人とも「嬉しいです」としながらも、松田は「撮影中も映画を観たときも、ずっと可愛いなと思ってみてました」と、堀北の妹っぷりにメロメロの様子。そして、最後の挨拶を求められ、吉田監督は「きっとお母さんに会いたくなる映画です」。堀北は「映画を観て親の知らないところってあるのかなって、家族への気持ちが沸き上がってきたらとても嬉しいです」としっかりアピールしたのに対し、松田は「楽しんでいってください」と一言だけ挨拶し、最後まで独特の間合いを崩さず、会場は笑いに包まれたまま幕を閉じた。
2013年10月29日
『麦子さんと』
2013年12月21日(土)よりロードショー!
公式サイト:http://www.mugiko.jp