ニュース&レポート

堀北真希、会場の“母娘の絆”を実感 映画『麦子さんと』親子限定試写会

麦子さんと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
12月21日(土)より公開される映画『麦子さんと』の親子限定試写会が、10日(火)、東京・シネマート六本木にて開催され、主演の堀北真希が舞台挨拶に登壇。観客から寄せられた両親への感謝メッセージを代読した。
堀北真希、会場の“母娘の絆”を実感 映画『麦子さんと』親子限定試写会

映画『麦子さんと』は、アニメ好きのオタク女子“麦子”とその兄、そして彼女たちを捨てたはずの母との絆を描いた感動作。主人公の麦子役に堀北真希、頼りなくてだらしないギャンブル好きの兄役に松田龍平、突然押しかけ2人の生活を引っ掻き回す母親役に余貴美子など多彩なキャストが顔を揃える。

映画を観終わったばかりの観客を前に堀北は、「自分のお母さんを思ってもらえる映画になるといいなと思います」と挨拶。役作りについて聞かれると、「撮影前にじっくり監督とお話させていただく機会があったので、そこでイメージを膨らませました。映画で描かれる親子のテーマは誰しもに当てはまることなので、身近に感じてもらえればいいですね」と熱い思いを語った。

この日の親子限定試写会では、事前に両親への感謝のメッセージを募集。寄せられたメッセージを堀北が読み上げるというサプライズも実施された。「大事に読みますね」と一言添えてからのメッセージ代読は、当事者でなくとも感激するメッセージばかり。急きょ、舞台上に呼ばれ、普段は聞くことのできない”ありがとう”のメッセージをもらった母親が、驚きと嬉しさで感激する一幕も。

そんな親子にこの日の感想をたずねると、「自分の手術と娘の結婚が重なって激動の1年だったので、こんなサプライズをしてもらえるなんて本当に嬉しいです。お母さんになったり娘になったりして見られる素敵な作品でした」とコメント。これに堀北は、「メッセージからもお母さんを大切にしている感じがとても伝わってきますね」と、母娘の絆を目の前で実感している様子だった。

最後に堀北は「この映画を観て、あたたかい気持ちになってもらえればうれしいです。お母さんとの会話のきっかになるといいなと思います」と作品をアピールし舞台挨拶を締めくくった。
2013年12月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『麦子さんと』
2013年12月21日(土)よりロードショー!
公式サイト:http://www.mugiko.jp