ニュース&レポート

堀北真希、劇中の余貴美子は“個性的なお母さん” 映画『麦子さんと』プレミア試写会に出演者勢揃い

麦子さんと

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
12月21日(土)公開の映画『麦子さんと』のプレミア試写会が19日(火)、ニッショーホールにて行われ、堀北真希、松田龍平、余貴美子、麻生祐未、温水洋一、ガダルカナル・タカら豪華出演者と吉田恵輔監督が登壇した。
堀北真希、劇中の余貴美子は“個性的なお母さん” 映画『麦子さんと』プレミア試写会に出演者勢揃い

本作で主演を務めた堀北真希は冒頭、「心温まるストーリーで、きっとみなさん共感して頂けるところや、自分にもあてはまるんじゃないかなと思うところがあると思います」と挨拶し、余貴美子との母娘役について聞かれると、「このお母さんの子なんだというのを実感しながら、個性的なお母さんだなというのを意識しながら演じました」と答えた。

一方、余は「堀北さん、とっても可愛い!!写真集買います!」と笑わせ、「映画の中でもこんな二人で、失敗した家族だねという感じですけれど(笑)」と仲の良さをアピール。堀北の兄役を演じた松田は「現場は凄く面白かったです。映画を観て、お母さんにありがとうと言ってもらえるきっかけになる作品になればいいなと思います」と答え、監督の印象については「明るいですよね」とその人柄を語った。

また、麻生祐未は堀北について「なんだか見入ってしまうんですよね。思わず、梅ちゃん先生だ!と見入ってしまったこともありました(笑)。目が離せなくなっちゃうようなパワーがある方ですね」と大絶賛。温水も、「堀北さんを独り占めできる役で、タクシーの中ではドキドキしました(笑)」と場内の笑いを誘うと、「役の中でですよ!」とあわてて付け加える場面も。ガダルカナル・タカは、「私がどこで出ているか探してもらうのも一つの楽しみになるかと(笑)」と出演時間が短かった事で笑いを誘った。

『母親が昔アイドルを目指していたことを初めて知る』という本作にちなんで、母親とのマル秘エピソードについて聞かれると、堀北は「私の母は、よく手紙をくれる人なんです。私が仕事で遅く帰ってきた時に置手紙が残っていて…。母の暖かさを感じますね」とあったかエピソードを披露。余は「母の事って意外と知らないことが多いなあと思って。親子って素直になれないっていうのもあって、一生に一度くらいは感謝の気持ちは言いたいと思いますね」と感慨深げに語った。

最後に、本作の大ヒットを祈願して、キャスト陣が鏡開きを実施。監督は「自分でいうのもなんですが、良い映画なんじゃないかなと思います」と自信を覗かせて舞台挨拶を終えた。
2013年11月20日
『麦子さんと』
2013年12月21日(土)よりロードショー!
公式サイト:http://www.mugiko.jp