ニュース&レポート

話をまとめすぎた松山ケンイチに、先輩・妻夫木「さっくり過ぎだろ!」

マイ・バック・ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月28日(土)より公開される映画『マイ・バック・ページ』の完成披露試写会が、東京・日経ホールにて行われ、主演の妻夫木聡と松山ケンイチ、山下敦弘監督、そしてスペシャルゲストとして、主題歌を担当する真心ブラザーズ+奥田民生が登壇した。
話をまとめすぎた松山ケンイチに、先輩・妻夫木「さっくり過ぎだろ!」

映画『マイ・バック・ページ』は、1960年代後半を舞台に、激動する「現実」と身を焦がす「理想」の狭間で葛藤する若者たちの青春を描いた社会派エンタテインメント。

『マイ・バック・ページ』完成披露試写会
理想に燃える若きジャーナリストの沢田を演じた妻夫木は、「60年代に実際に生きていない僕らが、魂を込めてその時代を作りました。今の時代だからこそ伝わる何かを感じられる作品になっています」と挨拶。前作『悪人』への出演から、役作りへの取り組み方が変わったことを明かし、今回の役へのアプローチについて、「見えない何かを追い求めていたこの時代の人たちの“情熱”みたいなものは、現代の“情熱”とは違うもの。その根底を探り出そうと思いました。(原作者の)川本さんが育った阿佐ヶ谷に行って写真を撮ったり、スーパーで野菜を買ってみたり、東大の安田講堂に触れてみて、心で感じたことを大事にしました。ただ真っ直ぐになると、ただ暑苦しいだけの世間知らずで勘違いな若者に見えそうだった。そうならないためにも、自分が沢田としてどうあるべきか、自問自答しながら日々演じていました」と振り返った。

撮影終盤には、原作者の川本三郎氏が現場を訪れたことにも触れ、「川本さんは、申し訳なさそうに、僕が(川本さんに)「似ている」と仰っていました。確かに出来上がった作品を見ると、自分の顔じゃないように見えました。川本さんに失礼かもしれないけど、顔色が悪いというか(笑)、自分でも役が乗り移ったという印象を受けました」と自信をのぞかせた。

『マイ・バック・ページ』完成披露試写会
一方、「初号試写で観て、凄いものが出来たと思いました。今、絶対に必要な作品だと思う」と自ら太鼓判を押した松山は、1969年から72年という『ノルウェイの森』と同時期の時代設定について、「もう、もろかぶりですね」と頷き、なぜか会場の笑いを誘った。松山が演じた梅山は、東大安田講堂事件に触発され、小さな組織を率いて沢田(妻夫木)に接触する過激な活動家。このキャラクターについて松山は、「中身がないように感じた。どういう意図を以てこんな行動や話をしてるのか、よく分からなかった。でも、梅山の言葉には説得力がある。そういう部分を沢田たちにぶつけ、言葉で絡みとり巻き込んでいく、そんな表現がしたいと思いました。フィクションではあるけど、実際に起こっているものなので中途半端にせず、表現する責任を持ちながら演じました」と話した。

『マイ・バック・ページ』完成披露試写会『マイ・バック・ページ』完成披露試写会
同じ事務所の先輩・後輩にあたる妻夫木と松山だが、今回は初共演となる。お互いの印象について妻夫木が、「初めて会ったのは9年前ぐらいで、その頃は、階段の隅に体育座りしているようなイメージだった。人見知りも激しそうなので「大丈夫かな?」と思っていたけど、よく喋るようになった」と明かすと、松山は「今でもたまに体育座りしてますけどね…」と自虐的に付け足し、会場を笑わせた。そんな愛すべき後輩を満面の笑みで眺めながら、妻夫木は、「ようやく共演することが出来ました。ちゃんとお互いに向き合って芝居が出来る作品だったので、楽しかった。僕にはない感性なので、新鮮で刺激的だった」と称賛した。

これを受けて松山も、「“普通”を演じさせたら妻夫木さんに勝てる人はいない。どの映画を観てもそう思うし、今回も…凄かった。見て頂ければ分かる…」と話すも、「話がざっくり過ぎだろ!」と妻夫木に突っ込まれ、またもや会場が笑いの渦に。その後、松山は「僕のほうがクランクインが遅かったんですけど、その時には(妻夫木が)完璧な沢田になっていたので、簡単に世界に引き込んでくれた。おかげで最高のお芝居が出来たと思っています」と、しっかり先輩を立てた。


『マイ・バック・ページ』完成披露試写会『マイ・バック・ページ』完成披露試写会
ここで、スペシャルゲストとして、ボブ・ディランの楽曲「My Back Pages」を主題歌としてカバーした真心ブラザーズ+奥田民生が登壇。「My Back Pages」は、1995年に真心ブラザーズが日本語でカバーしているが、今回は奥田民生と共演し再録。奥田は、「せっかく映画に入り込んでいるのに、(エンディングで)「俺かい!」みたいな(笑)」と首をかしげたが、妻夫木が「観終わって“どんより”して帰るんだな…と思ったところにこの曲が流れてきて、救われる感じがした」とフォロー。するとYO-KINGは、「奥田民生さんの流暢な英語がすごく救われるというか、肩の力が抜けるというか(笑)。日本人の方も外国の方も何を言ってるかわからないという、独特の英語です」と話し笑いを誘った。

最後に、山下監督が観客に向けて、「思いが強すぎて映画の尺が長くなってしまいましたが、見応えのある作品となってます。沢田の目を通して、過去の話ではなく、今へと繋がっている部分を発見し、ラストで何かを感じてもらえると思います」とメッセージを送った。
2011年4月14日
『マイ・バック・ページ』
2011年5月28日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://mbp-movie.com/