ニュース&レポート

オダギリジョー、チャン・ドンゴンとのデュエットを自慢『マイウェイ 12,000キロの真実』 舞台挨拶&記者会見

マイウェイ 12,000キロの真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2012年1月14日(土)より公開される映画『マイウェイ 12,000キロの真実』。本作の完成披露試写会及び記者会見が19日(月)、都内で行われ、主演のオダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビンとカン・ジェギュ監督が登壇した。
オダギリジョー、チャン・ドンゴンとのデュエットを自慢『マイウェイ 12,000キロの真実』 舞台挨拶&記者会見

オダギリジョー、チャン・ドンゴンとのデュエットを自慢『マイウェイ 12,000キロの真実』 舞台挨拶&記者会見
16時過ぎに新宿バルト9で行われた完成披露試写会では、オダギリが「チャン・ドンゴン氏は本当にイメージを持たれている通りの人です。優しくて誠実で謙虚。日本には消えてしまったタイプ(笑)日本にこんなタイプがいなくて残念ですね。非の打ちどころがない!!皆さんが愛しているのが良く分かります」と紹介しつつ、「皆でカラオケにいったときに無理やりデュエットをさせられました(笑)ドンゴン氏は“チューブ”や“チェッカーズ”“サザン”“徳永英明”が好きです。デュエットだよ、いいでしょ〜♪」と自慢げに話し、ファンを沸かせた。

一方のドンゴンは、「オダギリさんとはこの作品で初めて一緒になりました。出演作は前々から見ていたのですが、内気そうなので会ったらどうしようかと思っていました。でもご存知の通りとてもユーモア感覚のある人なので楽しく撮影出来ました」と振り返りながら、「撮影期間に子どもができるという同じ関心事ができたので早く親しくなれました。デュエットは僕からお願いしました。音楽に詳しい方なので同僚愛をはぐくもうと思って」と語った。

紅一点のファン・ビンビンは「韓国と日本のイケメンといっしょに仕事ができました!!」とご満悦。また、監督は「ここに来る前は、戦争映画だから観客が男性ばかりじゃないかと心配しましたが、90%が女性で安心しました。今回キャスティングは上手くやったと思います(笑)」と笑顔で語り、「京城~ノルマンディーに行くまでの道のりで二人の気持がどう変わったんだろう、あの時代に韓国と日本の青年二人の心がどのように変化したのかということがこの映画の原動力になりました。ノモンハン、独ソ戦ととても苦労して大変な思いをしながら撮影しました。皆の思いが詰まっているとても努力して作りあげた映画です」と作品をアピールした。


また、この後行われた記者会見では、オダギリが前置きで「ニコニコ動画に中継されているから言葉に気をつけないといけないですが…」と報道陣を笑わせながら、「(撮影現場は)きつかったですね。この世のものとは思えいないひどさ(笑)。日本で戦争をテーマにした親子愛的な作品はあるけど、『マイウェイ』のような大きな規模でやるものはないですし、本物の戦車が行き交う現場もマシンガンを撃つことも今後はもうないと思うのでいい経験でした」

ドンゴンは、「日本と韓国でほぼ同時に公開されるのは初めてなので緊張しています」と語り、撮影について、「監督とは1度戦争映画をやっていて(『ブラザーフッド』)その経験が生きてくるのかと思ったのですが、実際に(撮影が)始まるとそんな経験が役に立たないほど過酷な現場でした」。また、劇中で日本軍への復讐を誓うスナイパーを演じたファン・ビンビンも、「女であってはいけないという状況でした(笑)」と吐露。「射撃の訓練もしましたし、殴り方も指導していただきました。走るシーンでは男性達に負けないように必死に走りました」と撮影を振り返った。

監督は「『マイウェイ』は4年という長い年月をかけて作った作品です。日中韓の多くのキャストスタッフが集まり、ワンカットワンカット本当にベストを尽くして作りました。日中韓の映画の発展に役立てればと、そして日本と韓国がこの映画を通じて少しも近くなってお互いを理解するきっかけになれればと思います」と、本作に込めた願いを話した。
2011年12月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『マイウェイ 12,000キロの真実』
2012年1月14日(土)より全国ロードショー
公式サイト:http://myway-movie.com/