ニュース&レポート

風間俊介、“人畜無害”アピールに苦心 3度目共演の松岡茉優は「普通の人だったんだ!」とビックリ

猫なんかよんでもこない。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
実話を基にした、猫好きの、猫好きによる、猫好きのための大人気コミックを実写映画化した『猫なんかよんでもこない。』のプレミア試写会が行われ、主演の風間俊介、共演の松岡茉優、山本透監督、原作者の杉作が登壇した。
風間俊介、“人畜無害”アピールに苦心 3度目共演の松岡茉優は「普通の人だったんだ!」とビックリ

1月30日(土)の全国公開に先駆けに開催された本プレミアイベントに登壇したのは、主人公ミツオを演じた風間俊介、ウメさん役の松岡茉優、山本透監督、原作者の杉作の4名。風間は「今日はうちの子たちの映画を観に来てくださってありがとうございます!」と感謝を述べながら、「客席にいても楽しいと思える映画。素晴らしい作品のエンドロールの一番上にいる事が出来るのは誇らしい事です」と完成した作品への想いを語った。

また、四六時中一緒に過ごした猫たちとの撮影について、「本当に振り回されたんですが、この映画はそういう猫との日常を描いた作品。だから、この撮影でよかったんだと思います」と、縦横無尽に動き回る“共演者”との撮影を楽しんでいた様子。また、「俺らのいう事は聞かないのに茉優ちゃんのいう事は聞くんだよね〜」と話すと、松岡は「いい子でしたよ!みんな大変大変って、何言ってるんだろう!って思っていました」と余裕の表情。「本当に可愛い映画。私は犬派だけど、犬派もリフレッシュ出来る作品ですよ!」と、犬派目線でも本作を絶賛した。

山本監督は、「子猫たちは本当にいう事を聞かなかったので、これはやばいかもと途方にくれました…」と苦労エピソードを披露。しかし、「お互いにだんだん慣れていって、ちゃんと自然な表情も見せてくれるようになりました」と、猫との絆もしっかりと生まれた事を明かした。原作者の杉作は「ミツオは自分よりもかっこいい。風間くんにパンチを打ってもらったんだけどすごくいいパンチでした」と満足げな様子を見せていた。

今回が3度目の共演となる風間と松岡。「これまで風間さんと共演した時には、鎌を振り回されたり、仇討ちされたりと、狂気のある風間さんでした。でも今回、猫たちと接する姿を見て、風間さんも普通の人だったんだ!って気づきました!」と風間の印象を語った松岡に対し、「誤解が解けたようでよかった(笑)」と笑顔をみせるなど、終始仲良しの2人。

さらに本作のタイトルが『猫なんかよんでもこない。』である事から、遊びや飲み会に「よんでもこない。」友人を問われると、風間は「自分自身が呼ばれても行かないので、まわりから『風間なんかよんでもこない』って思われてそう」、松岡は「南海キャンディーズの山ちゃんに7年位前からご飯に行こうって言っているんですが、1度も連れて行ってもらっていません」と話し、意外な一面と交友関係を明らかにした。

また、イベントでは猫映画である本作にちなみ、“猫診断”を行うことに。診断の中では風間が「実は甘え上手だと言われる」と回答したり、松岡が「ずっと漫画やゲームをしているのでインドア派」であることを明らかにしたりと、意外な一面を覗かせた。結果、風間は「喜んだと思ったらぷいっとどこかへ行ってしまう女の子気分の強い三毛猫タイプ」。「気持ちに正直な行動は他人から見たらミステリアスに見えているかも」という説明に対し風間は「役のイメージがあるのか、ちょっとミステリアスな人に思われがちな部分があるので、そんな事ないよ、人畜無害な人ですよって自分で努力して伝えています」と答え、診断結果に覚えがある様子。

松岡は「モノトーンが大好きでいつもシックにキメているあなたは黒白タイプ」で「逆境にも負けない生命力溢れるタイプ。でも実は遊び好きで、なんでも笑い飛ばす大胆さは友達からの信頼度も高そう」という結果。風間はその診断に納得の様子で「茉優ちゃんは太陽みたいな人。茉優ちゃんがいると、まわりが朗らかに進んで行く感じがあって、笑っている間にみんなが信頼していく所が合ってると思います」と説明すると松岡は「へっへっへ…」と照れながら、喜びをあらわにした。

最後に風間は「動物でも人間でも、生き物と一緒に過ごす事の大切さを教えてくれる作品。全ての人に絶対楽しんでいただける映画になっていますので、ぜひ周りの方にも勧めていただければ!」、山本監督も「生き物を飼うというのは楽しいだけじゃない。ペットと一緒に生きていく事を丁寧に描いたつもりです」と、それぞれメッセージを送った。
2016年1月15日
『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月30日(土)全国公開
公式サイト:http://nekoyon-movie.com