ニュース&レポート

松岡茉優、“占いを信じて”風間俊介を絶賛 『猫なんかよんでもこない。』初日舞台挨拶

猫なんかよんでもこない。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
実話を基にした大人気コミックを実写映画化した『猫なんかよんでもこない。』の初日舞台挨拶が1月30日(土)、TOHOシネマズ新宿にて行われ、主演の風間俊介、共演のつるの剛士と松岡茉優、山本透監督、原作者の杉作、主題歌を担当したガールズバンドSCANDALが登壇した。
松岡茉優、“占いを信じて”風間俊介を絶賛 『猫なんかよんでもこない。』初日舞台挨拶

猫ファンで会場が埋め尽くされる様を見て感無量の様子の風間は「こうしてみなさんがここに集まってくださった事が本当に幸せです」と感謝の気持ちを述べ、撮影当時について「撮影の中で本当にあいつらと一緒に生活していた感覚。ミツオがクロをトレーニングしているシーンがあって、途中で『サボるなよ』と言ってその場を離れるシーンがあるんですが、僕がいなくなったらクロが本当にサボるような仕草をしていて。アドリブもいける天才だと思ったんです!」と愛猫たちとのエピソードを振り返った。

つるのは「眠るシーンで猫たちがいう事を聞かず、待っている間に本当に寝てしまったことがありました(笑)」と明かすと、風間は「つるのさんのいびきでNGが出た事がありましたよね」と思い出し笑い。一方松岡は「猫と関わりのない人生を歩んできた私に、風間さんがたくさんの事を教えてくれました。改めて、尊敬する先輩として今後お名前を挙げさせていただきたく!」と風間への尊敬を口にしたが、「今日の占いで、『人を褒めると何かいい事がある』って出たって、さっき言ってただろ!」と風間に突っ込まれ、「そんな事ないっすよ!先輩!!」と体育会系な返事で、会場を笑わせる場面も。

また、「あまりにも言う事を聞かないのでやばいな…と思いましたが、風間くんがどれだけ猫たちに寄り添えるかという事を考えて、自然な表情を撮れるよう頑張りました」と語る監督から「実は原作者の杉作先生も出てるんですよ!」と明かされると、杉作は「ちょっとだけ出てます…定食屋の…親父的な…」と、恥ずかしそうに答えていた。

舞台挨拶には、本作の主題歌「Morning Sun」を担当したガールズバンドSCANDALの4人も登場。ボーカルのHARUNAが「本当に猫たちが可愛かった!でも撮影は大変でしたよね…」とキャスト・スタッフに労いの声をかける中、ドラムのRINAは「ミツオは最初猫が苦手ですが、苦手なものが大好きになる、誰かを大切に想う気持ちを込めてこの歌を作りました」と楽曲に込めた想いをコメント。風間は楽曲について「幸せになれる無防備な時間を歌った曲で、この作品にぴったり。本当にありがとうございます」と感謝の気持ちを述べた。

また、本作のテーマにちなみ「今後家族になりたい動物はいますか?」という質問には、風間が「プレーリードッグ」と回答。「あのちょこんと感がたまらない。今年で33歳なんですが、あのちょこんと感は僕も欲しいんですよね〜」。つるのは「もう猫も犬も子供もたくさんなので、これ以上は飼えません!」とキッパリ。松岡は「この映画で大好きになった猫ちゃん!」と断言し、SCANDALのTOMOMIとMAMIはそれぞれ「ミニブタ!ちゃんと躾けて仲良くなりたい!」(TOMOMI)、「フクロウを肩に乗せたい!」(MAMI)と、それぞれの願望を語った。

最後に風間は「こんなにも素敵な作品がついに公開を迎えました。つらい時そばにいてくれる、大切な存在との関係を描いた作品なので、ぜひ自分のを隣でいつも支えてくれている方と一緒に観に来てくださると嬉しいです」とメッセージ。全員で「観に来てにゃん!」と猫のポーズを決め舞台挨拶を終えた。
2016年2月1日
『猫なんかよんでもこない。』
2016年1月30日(土)全国公開
公式サイト:http://nekoyon-movie.com