ニュース&レポート

AKB篠田不在の中、次回作の主役をめぐりジャンケン対決勃発!『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』初日舞台挨拶

サラリーマンNEO 劇場版(笑)

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
NHKの異色コント番組「サラリーマンNEO」のよもやの映画化『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』が、11月3日(木・祝)に初日を迎え、新宿ピカデリーの舞台挨拶に、小池徹平、生瀬勝久、沢村一樹らキャストと吉田照幸監督が登壇した。
次回作の主役は誰の手に!?ガチンコジャンケン対決勃発!『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』初日舞台挨拶

8年も続く人気番組にふさわしく、初日舞台挨拶にはW主演の小池徹平、生瀬勝久に加え沢村一樹、入江雅人、堀内敬子、山西惇、八十田勇一ら番組のレギュラーキャストがずらりと並んだ。

生瀬は、「今まで、試写会など“無料で観に来た人たち”の前での挨拶では、何を聞かれても「別に」としか答えていませんでした。今日は皆さん、朝早くからお金を払って来場頂いて!本当にありがとうございます!TVシリーズにしても、劇場版にしても、次に繋がっていけばいいなと思っています」と挨拶。沢村は、「劇場版に登場するセクスィー部長は、TVシリーズの“色香恋次郎”とは違うんですよ。衣装も、髪型も違います。TVシリーズではつけまゆげですが、劇場版はエクステンションを使っているんですよ」と、役柄の見どころを細かくアピールした。

吉田監督は、「映画は、観客に観てもらって完成する、という言葉を残した映画監督がいます。今日、まさにこの映画が完成したんだと思うと嬉しいです」と、感慨深げ。さらに、「劇場版の次回作は、アクションに挑戦したいですね!」と宣言すると、突如、次回作の主演を決めるガチンコのジャンケン大会が始まった。今作での主演、小池・生瀬は早々に敗れ、「カメラも来てるんだから空気を読め」というキャストたちのヤジを受けながら、優勝したのは入江。

入江は早速、「(TVシリーズの人気コント)「博多よかばい食品」でやりましょうか。僕は博多出身なので、2~3日福岡ロケができればそれでいいです」と希望を伝え、その気になっている様子。それを横目に小池は、「次回作があったら、参加できるだけで僕は十分」。生瀬は、「今日はジャンケン王の篠田さんがいないからいけると思ったのですが…。俺は『カイジ3』があるかもしれないから別にいいです(笑)」、さらに沢村も、「これでもう、「サラリーマンNEO」には何の未練もありません。生瀬さんも三谷作品に出演しているし、自分も全力で三谷幸喜監督に自分を売り込みたいと思います(笑)」と強がって見せ、会場を笑わせた。
2011年11月4日
『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』
2011年11月3日(木・祝) 新宿ピカデリーほか全国公開
公式サイト:http://www.neo-movie.com/