ニュース&レポート

綾野剛、再共演の中村獅童の男気エピソード明かす 『日本で一番悪い奴ら』完成披露試写会

日本で一番悪い奴ら

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
綾野剛主演、『凶悪』の白石和彌監督最新作『日本で一番悪い奴ら』の完成披露試写会が行われ、主演の綾野剛と、共演の中村獅童、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、ピエール瀧と、白石和彌監督が舞台挨拶に登壇した。
綾野剛、再共演の中村獅童の男気エピソード明かす 『日本で一番悪い奴ら』完成披露試写会

黄色い歓声と盛大な拍手の中、登場したキャスト一同は「極上のエンタテイメントを楽しんで下さい!」(綾野)、「映画を観て何を感じていただけるか非常に楽しみです」(中村)、「非常に言葉では表せない映画なので楽しんで下さい」(YOUNG DAIS)、「パキスタン人の役でしたが自然と違和感はありませんでした」(植野)、「実録作品ですが非常に楽しんでいただけるエンタテイメント作品に仕上がっています」(ピエール瀧)、「ここにいるキャストの方と一生懸命作った作品です」(白石監督)と作品に対する思いとともに挨拶。そんな熱いコメントの最中、綾野が会場の熱気にジャケットを脱ぐとさらに黄色い声援が。

今回、警察官ながら、スパイとして情報を提供する「エス」という裏社会の人間を使って成績をあげていく男の26年間を演じた綾野は、今作の出演理由について「白石和彌監督だったのだが最大の理由」と語り、台本を読んだときに「これはやるしかない!」と思ったという。そんな綾野に対して中村が、「綾野さんは大好きな役者で勉強になった」と共演の感想を述べると、綾野が以前、大河ドラマで中村と共演した時に「今度、綾野君と共演する現場があったら二つ返事でOKする」と中村の男気エピソードを披露。これに中村は「ひとつ返事をしたものの、こんな強面の役は務まらないと思った」と答え、他のキャスト達からツッコミが入り、会場の笑いを誘った。

日本人とブラジル人のハーフでありながらパキスタン人役を演じた植野は「自分はお彼岸にお墓に行くタイプの日本人」としながらも、オファーを受け、携帯でパキスタン人の画像を観たときに「いける!」と思ったと爆笑エピソードを披露した。

さらに『日本で一番悪い奴ら』のタイトルにちなんだ「最近ちょっと悪いな~と思ったエピソード」をそれぞれが披露。中村は「奥さんのイビキがうるさかった時、鼻をつまんでいたがそのまま無呼吸で寝ていて焦った」というエピソードを披露すると「それ、死んじゃうやつ!」「本当にヤバいやつ!」とツッコミを受けながら、客席にした夫人に「ごめんね」と公開謝罪する一幕も。

植野は、近所の小学生たちが植野の自宅を「大使館」「シルクロード」「マリオ」と呼ぶことに反論していたそうだが、映画に出演してから妙な余裕が出たらしく、そうした小学生のイジリをシカトしたことが悪かったと反省。さらにピエールは現在も悪いことを継続中と告白すると会場からはどよめきが。それは「今日初めて会う植野君をシカトしていることです」というと会場からは笑いが。「トイレで一緒でも無視していた。咳払いしたりしながら」と会場の笑いを誘うと、綾野が「公開初日まで続けましょう!」と悪のり。ピエールは「それ、本当のいじめになっちゃう」と冷静に返し、爆笑を誘った。

最後に綾野は「とにかく心地よく観ていただきたい!」と熱意を込めたコメント。フォトコールでは綾野の掛け声とともに、劇中に登場する「北海道警察・諸星要一の名刺」と、5億円相当の「日悪紙幣」がバラまかれる演出で会場が盛り上がると、サプライズで綾野らキャストのはからいで観客による写真撮影がOKとなり、一斉にシャッター音と黄色い歓声が鳴り響いた。
2016年4月26日
『日本で一番悪い奴ら』
2016年6月25日[土]全国ロードショー
公式サイト:http://www.nichiwaru.com/