ニュース&レポート

『忍たま乱太郎』初日 女子サッカー・安藤選手も登場!!加藤清史郎に勇気とガッツをバトンタッチ

忍たま乱太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
NHK教育テレビの人気アニメを実写映画化した『忍たま乱太郎』が、7月23日(土)に初日を迎え、新宿バルト9での舞台挨拶に三池崇史監督と加藤清史郎らキャストが勢揃い。先日のW杯で日本を沸かせた女子サッカーの安藤梢選手も応援に駆けつけた。
『忍たま乱太郎』初日 女子サッカー・安藤選手も登場!!加藤清史郎に勇気とガッツをバトンタッチ

舞台挨拶に登壇したのは、忍たまを演じる加藤清史郎、林遼威、木村風太と、教師役の寺島進と三浦貴大、杏、暗殺者を演じた石垣佑磨、稗田八方斎役の松方弘樹、そしてメガホンをとった三池崇史監督。そしてスペシャルゲストとして、先日の女子ワールドカップで活躍し、日本中にガッツと勇気と感動を与えた安藤梢選手が登場し、会場は大いに盛り上がった。

主演の加藤は、「今日は本当にありがとうございます。映画ではあまりわからないかもしれないけれど、去年の撮影時より身長が5cm伸びているので、今日の僕と映画の僕はちょっと雰囲気が違うかもしれません(笑)」とお茶目に挨拶をすると、すかさず三池監督が「全然成長したのに気付かなかったよ」と返すなど、終始和やかなムードで舞台挨拶が進行した。

加藤とともに忍者の修行に励むきり丸を演じた林は、「撮影中はハイパーヨーヨーなどをクラスメイト役の子たちと楽しんでいました」と撮影中のエピソードを披露。同じく忍たまのしんべヱを演じた木村は、「去年は毎日暑い中、太った役でおなかに詰め物をしていて、あせもが絶えませんでした」と、役柄ならではの苦労を語った。

土井先生を演じた三浦は、「女性に人気のキャラクターですが、僕はどう頑張っても格好よくはならないなと思ったので(笑)、生徒を大切に思っているという気持ちを大事に演じました」。同じく教師を演じた寺島は、「撮影現場も楽しく、僕自身の精神年齢も低いので、すごく「優しいオレ」が出てた作品になったと思います」とアピールした。

暗殺者の土寿烏を演じた石垣は、「こんなにはじけた日本映画はないんじゃないかと思います。相棒役の竹中直人さんとともに、存分にコミカルにやらせていただきました」。杏も、「映画館だからとかしこまって静かにするのではなくて、とにかく笑って、楽しんでいってほしいです」とそれぞれメッセージを送った。

この舞台挨拶の日に69歳の誕生日を迎えた松方弘樹は、登壇者と会場から「♪ハッピーバースデー」の大合唱を受け、自身の役柄・稗田八方斎をかたどったケーキで祝福された。松方は、「69歳でまさかこんな形で祝っていただけるとは思いも寄らなかった。本当にうれしいです」と喜びを語り、映画について「爆笑できると思うので、暑気払いくらいの気持ちで楽しんで欲しいですね。特殊メイクで目くらいしか自分の顔の部分がないのですが、変身している人達がものすごくたくさん出ているので、注意して見ていてほしいです」とアピールした。

最後に、日本に勇気とガッツを届けるという本作のコンセプトにちなみ、スペシャルゲストとして登壇した安藤選手からは、「私たちチームは、一丸となって最後まであきらめない気持ちを持って試合に臨み、優勝することができました。『忍たま乱太郎』も同じ思いがたくさん詰まった映画だと思います。今度は『忍たま乱太郎』が日本を元気にしてほしいと思います」という言葉とともに大きな花束が贈られた。これを受け取った加藤は、「僕も、この映画で金メダルが獲れるよう、がんばります!この映画で日本に元気と勇気を届けたいと思います!」と、しっかりと“勇気”と“ガッツ”のバトンを受け取った。
2011年7月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『実写版 忍たま乱太郎』
2011年7月23日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://www.nintama-movie.com