ニュース&レポート

乃木坂46、“不仲”で「ケンカシーンはやりやすかった」!?秋元・生田・橋本 主演映画舞台挨拶

超能力研究部の3人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
乃木坂46の秋元真夏、生田絵梨花、橋本奈々未が、いけてない地味な女子高生姿で奮闘する姿が話題の映画『超能力研究部の3人』。本作が12月6日に初日を迎え、主演の3人と監督の山下敦弘が、シネマート新宿にて舞台挨拶に登壇した。
乃木坂46、“不仲”で「ケンカシーンはやりやすかった」!?秋元・生田・橋本 主演映画舞台挨拶

映画 『超能力研究部の3人』は、アイドルグループ 乃木坂46の5thシングル「君の名は希望」のミュージックビデオになっている、嘘の劇中オーディションから生まれた青春ドラマ。 大橋裕之の連作短編漫画「シティライツ」をもとに、超能力とUFOに真剣に取り組む女子高生を描きながら、「メイキング風ドキュメンタリー」として 、乃木坂46の3人(秋元真夏・生田絵梨花・橋本奈々未)が「女優」という新しい側面に向き合い、成長していく姿をとらえる。

いよいよ初日を迎え、拍手で迎えられ感無量の3人。どこまでが「嘘」でどこまでが「本当」なのか境界線が曖昧な本作だが、物語部分の役と自分役とどちらが難しいか問われた秋元は、「物語の“良子”役の方が難しかったです。アイドルは普段からカメラも回っていて、個性を出すのには慣れている」と語りつつ、「いくちゃん(生田)とぶつかるシーンもあったんですが、元からそんなに仲良くないのでやりやすかったです」と発言し、不仲説が浮上。これに生田が「そんなことないよー!そういうところ使われちゃうでしょ!」と慌ててフォローし、秋元は「本当は仲がいいので難しかったです(笑)(こういう映画なので)ちょこっとずつ皆さんを騙して行こうかな」と笑顔を見せた。

また、監督について聞かれると、「監督は人を見抜く力がすごく、見透かされているようで素の自分を見せるのが怖かった」と秋元。ここぞとばかりに「普段のアイドルとしての私の必殺技を見せます」と、山下監督のハートをめがけて“ずっきゅんポーズ”をキメ、会場を盛り上げた。

生田は「“育子”は普段出会った事のない人だったので難しかったです。汚い言葉を叫んでいますが、普段使わないので清々しかったです(笑)」。また、「素が垣間見えるところがあるので、その狭間を想像したり、観終わった後に一緒に観た方と語り合ってほしいです」とアピールした。

橋本も「私も普段そんなに2人とは仲良くないんですけど(笑)」と、会場をどよめかせて秋元・生田に突っ込まれ、「撮影では2人と別のシーンが多くて、2人はケンカのシーンの後本当に更に仲良くなっていたので、私もケンカ(のシーン)したかったな、と羨ましかったです」と仲の良さを強調。「キャッチコピーにもある、「ぜんぶウソ。っていう、ホント。」という言葉を頭に置いて観ても騙されちゃうような映画になっているので、是非騙されて、そして楽しんでほしいです」と、本作の見どころを語った。

また、それぞれクリスマスの予定を聞かれた3人は「お仕事じゃなくても、メンバーとパーティーをしたいです。この3人でパーティーもいいですね!」(秋元)、「“限定”ものに弱いので、クリスマス限定の食べ物とか、楽しいものを用意して楽しみたいです!」(生田)、「サンタのコスプレをして、3人でこの映画を観に来たいです!」(橋本)と回答。

最後に山下監督は、「自分も出演していたので、客観的に見られず、みんなで決めていく、というのが難しかったです。はじめは3人を女優に引き寄せよう、と思っていたんですが、だんだん彼女たちのアイドルとしての魅力に引き寄せられていった映画です。ところどころお芝居を超えた感情も詰まっているので、そういう部分を楽しんでもらえると思います」と会場にメッセージを贈った。
2014年12月8日
『超能力研究部の3人』
2014年12月6日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://www.chonoryoku3.jp