ニュース&レポート

“和製シンディ・ローパー”椿鬼奴、夫が浮気したら「目に見える形で懲らしめる」

踊るアイラブユー♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
7月10日(金)公開の映画『踊るアイラブユー♪』のヒット祈願ダンスイベントが行われ、椿鬼奴が登場。“和製シンディ・ローパー”として、ラジオスポット収録にも臨んだ。
“和製シンディ・ローパー”椿鬼奴、夫が浮気したら「目に見える形で懲らしめる」

映画『踊るアイラブユー♪』は、『レ・ミゼラブル』の音楽スタッフが手掛けたハッピー“ラブ”ミュージカル。マドンナ、ホイットニー・ヒューストン、シンディ・ローパーなど80年代のメガヒットナンバーの数々を散りばめ、3年前の恋が忘れられないヒロインと、恋愛に奔放な姉、姉の婚約者となった妹の元カレの恋模様を描く。

MCの呼び込みで、シンディ・ローパーに変身した鬼奴が「ハイスクールはダンステリア」の熱唱&ダンスで登場し、会場に駆けつけた記者たちから大きな笑いが湧き起こった。歌の直後、息を切らしながら収録したラジオスポットの出来栄えについて聞かれた鬼奴は、「マドンナとホイットニーの発音に注目してほしい。私は小林克也さんに憧れていますから」と完成度の高さをアピール。

この日の選曲については、最初はマドンナの「ホリデイ」で登場する予定だったが、夫のグランジ・佐藤大より「シンディのほうが合うんじゃないか」とアドバイスをもらっていたことを明かし、夫婦仲のよさを覗かせた。また、「ワム!は(レイザーラモン)RGさんの持ち歌なので、手が出せないなとも思ったんです」と芸能界の裏事情を明かし、報道陣の笑いを誘った。

続けて、妹の元カレが姉の婚約者になるという同作のストーリーにかけて、三角関係の経験を聞かれた鬼奴は、「無意識に競合しない相手を選んできて…といいつつ、私も競合される相手ではないので、経験はないんですよね」と語り、「でも、トロサーモンの久保田は残念がってくれています。私のことを好きだったと言ってくれています。結婚した後に知ったんですけど」と驚きの三角関係を暴露。「ある意味、2人がライバルだったのかなって。どちらも借金があって本当にろくでなしなんですけど、そういう人に好かれる傾向があるのかもしれません」と自己分析した。

さらに「もし夫が浮気をして三角関係になったら?」という質問には、「彼は言ってもしょうがないと思うので、何か痛い目に合わせたいですね。彼がよく通りそうなところにヒモを張って、顔から打ち付けるような形でトラップを仕掛けるとか、ちょうど花瓶が落ちてきたとか、目に見える形で懲らしめたいですね」と話した。

最後に本作の見どころを聞かれた鬼奴は「スピード感があってあっという間に終わりました。350ミリ缶でいうと2缶ぐらいしか空かないくらいっていうスピード感でした」と独自の感覚で作品の魅力を表現。続けて「音も凝ってると思うから、家で観るより劇場で観たほうがいい。大人数で観ればより盛り上がると思います」とPRして、笑顔で会場を後にした。
2015年6月23日
『踊るアイラブユー♪』
2015年7月10日(金)TOHOシネマズシャンテ他公開
公式サイト:http://odoru-iloveyou.com/