ニュース&レポート

岡田将生、村上淳に「現場にいてくれて頼もしかった」と褒められ大喜び!『オー!ファーザー』完成披露試写会

オー!ファーザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
伊坂幸太郎の原作を映画化した『オー!ファーザー』(5/24公開)の完成披露試写会が、14日(水)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、主演の岡田将生と、個性的な4人の父親を演じた佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳、そしてヒロインを演じた忽那汐里、藤井道人監督が登壇した。
岡田将生、村上淳に「現場にいてくれて頼もしかった」と褒められ大喜び!『オー!ファーザー』完成披露試写会

50万部を超える大ベストセラーを映画化した本作は、主人公の高校生・由紀夫(岡田将生)が、ある日奇妙な事件に巻き込まれてしまい、彼のピンチを救うため“4人の父親”が奮闘するサスペンスコメディ。

盛大な拍手とともに岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、河原雅彦、宮川大輔、村上淳、藤井道人監督がMCの呼びかけで超満員の会場に登壇し、主演の岡田将生は「素晴らしい作品になっているので楽しんで帰ってください」とコメント。MCからお調子者の父親として紹介された河原雅彦は「お調子者は今初めて…(笑)ぜひスクリーンでどれだけ僕がお調子者か観てください」と役柄同様のお調子者キャラを発揮した。

本作の撮影現場は、非常に和気あいあいとしていたそうで、岡田は「(4人の父親達が)現場を盛り上げてくださってよかった」とコメントし、忽那は「(現場へは)途中からの参加で入っていけるか様子を伺っていたが、岡田さんとお父さん達が和やかでその心配はなかった」と撮影を振り返った。

また、4人の父親のうちの1人で元ホスト・葵役を演じた村上は、「本当に岡田将生という俳優が現場にいてくれて頼もしかった。シーンから外れそうになってもきちんと引き戻してくれた」と大絶賛。それを聞いた岡田は「ヤッター!ラッキー!」と大いに喜び、すかさず村上から「今のでキュン死した人がいるはず」とすかさずツッコミを入れられ会場からは笑いが起こっていた。

映画『オー!ファーザー』では“家族の絆”が描かれているが、岡田は「姉と妹がいて。ケンカをしても男の人の方が力が大きいので、手を出したらダメと父親から言われていた。ケンカをするときは『手を出さず、黙って耐えろ』と教えられた」と、自身の父親からの格言を明かし、「家族とは心のよりどころで絆みたいなもの。自分にとって大切な存在だなとこの映画を通して一段と感じられた」と、作品によって家族がより大切な存在になったことを教えてくれた。

また、大学教授の悟役を演じた佐野は「この作品で食事のシーンがあるのですが・・・父親を亡くして十数年になるのかな。思い出すのは幼少期や晩年の食事をしている時やお酒を飲んでいるときの普段の何気ない表情なので、家族で食事をすることが大事だなと思う」と家族について感慨深げに振り返る。

「本作に登場する4人の父親の中で、この人が父親だったら?」というMCによる問いかけに忽那は、宮川演じる体育教師の勲を挙げ、理由は「真面目だから」と明かした。それを受け宮川大輔は「これはテンション上がりますね!ワッショイ!」と喜んだ。

最後に、キャスト全員から本作で長編デビューを果たす藤井監督へサプライズとして台本カバーをプレゼント。このサプライズに藤井監督は思わず涙を目に浮かべ、キャスト陣が「泣きそうになっている!」と驚きの表情を見せた。藤井監督は「泣いていないです!」と声を震わせ、「この映画で人生が変わった人の1人です」とコメントする藤井監督に「サプライズした甲斐があった」と岡田が嬉しそうに笑顔をこぼした。

フォトセッションでは、キャスト陣と共に、観客達が一丸となって本編に出てくる手旗信号を実演し、会場は大盛況の中、舞台挨拶は幕を閉じた。
2014年5月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オー!ファーザー』
2014年5月24日(土) 角川シネマ新宿 テアトル梅田他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.oh-father.com/