ニュース&レポート

“監禁”経験者なすび、『オールド・ボーイ』の監禁生活は「恵まれているな…」

オールド・ボーイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月28日(土)より公開となる映画『オールド・ボーイ』の公開記念試写会が都内で行われ、バラエティー番組の企画で“監禁生活”を経験したタレントのなすびが、ゲストとして登壇した。
“監禁”経験者なすび、『オールド・ボーイ』の監禁生活は「恵まれているな…」

映画『オールド・ボーイ』は、土屋ガロン&嶺岸信明による日本のコミックを韓国に続いて、ハリウッドで再び映画化した話題作。20年間監禁され突如解放された男の復讐劇を描く。

TV番組の企画「懸賞監禁生活」で経験した自身の監禁生活について尋ねられたなすびは「映画では20年監禁されるが、食事も出てきてTVも観られるなんて、恵まれているなと思いました。僕はハガキを書きすぎて懸賞生活で“腱鞘炎”になりました…」と、苦い思い出を披露し会場を笑わせた。

また、下界からの“監禁”というところでエベレスト登頂に挑んだが残念な結果に終わった件については、「また挑戦したい気持ちはあるが、命がけだから簡単には言えない。でも福島出身者として被災地に夢と希望を届けたいという気持ちはあります」と珍しく真剣に語り、映画同様リベンジを誓っていた。

映画について感想を求められると「監禁経験者として、普通の人とは違う目線で観てしまうところがあるが、監禁という言葉をキーワードに伏線が張られ、謎が次々に明らかになるところはとても面白い。ネタバレだから言えないけど、ラストは僕はすごく共感しました」と絶賛。

退場時には試写室から出ようとすると鍵が閉まってドアが開かないというハプニングも。映画になぞらえ「また監禁されるのかと思った。では皆さんこれから20年間よろしくお願いします」と笑いを誘って会場を後にした。
2014年6月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オールド・ボーイ』
2014年6月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://www.oldboymovie.jp/