ニュース&レポート

ベルリン国際映画祭が『おとうと』で閉幕!吉永小百合もドイツ語でスピーチ

おとうと

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
日本国内の観客動員が130万人を突破し、大ヒット上映中の映画『おとうと』が、2月20日(現地時間)、第60回ベルリン国際映画祭のクロージング・フィルムとして上映され、主演の吉永小百合、山田洋次監督が舞台挨拶に登場、山田監督に同映画祭から特別功労賞が贈られた。
ベルリン国際映画祭が『おとうと』で閉幕!吉永小百合もドイツ語でスピーチ

映画祭のメイン会場であるBerlinale Palast(ベルリナーレ・パラスト)では、1600の客席が満席となり、世界中から集まった観客が見守るなか、山田監督の特別功労賞の授賞式が行われた。映画祭ディレクターのディーター・コスリック氏からは、「この巨匠は、小津安二郎の伝統にのっとって映画を作っており、大きな愛情をもって日本に住んでいる人々を描き続けています。彼をここにお迎えすることを光栄に思っています。」と紹介され、山田監督が温かい拍手を持って迎えられた。

受賞のスピーチで山田監督は、「『おとうと』のエンドクレジットに、この映画を市川崑監督に捧げるというオマージュが出てきます。実は市川崑監督が50年前に作られた同じタイトルの作品をヒントにこの映画を作ったのですが、市川崑監督は今から10年前にこのホールで、この賞を受賞しています。だから僕は、今は亡き市川崑監督に「市川さん、僕もあなたと同じ賞をもらいました」と報告したいと思います」と語り、関係者や客席に感謝の意を述べた。

この後、『おとうと』が上映され、山田監督と吉永小百合が舞台挨拶に登壇。吉永はドイツ語で「2年前に『母べえ』を上映したときの暖かい拍手が今でも胸の中に残っています。『おとうと』もまた皆様の心に残る映画になることを願っています。」と挨拶した。

山田監督は、この日を振り返り、「この受賞は一生の記念になると思います。長年の功労に対して贈られたのであれば、みんなでもらった賞だと思う」と語り、同映画祭での寺島しのぶの銀熊賞受賞に触れ、「決して順調とはいえない日本映画だが、こんなことを機会に、日本の時代が来たらいいな。」と笑顔を見せた。

一方、吉永は、「私にとって市川崑監督は“師匠”、山田監督は“先生”。この尊敬するお二人が同じ賞を受賞されたことは、生徒として、弟子として、とても嬉しいことです。きっと、市川監督も天国で喜んでおられると思います。」と、亡き巨匠に思いを馳せながら喜びを語った。

おとうと』は、日本国内で大ヒット上映中!

photo by KAZUKO WAKAYAMA
2010年2月22日
『おとうと』
2010年1月30日(土)ロードショー
公式サイト:http://www.ototo-movie.jp/