ニュース&レポート

北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』キャスト発表!西田敏行、高橋克典、桐谷健太ら初参戦

アウトレイジ ビヨンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
北野武監督のバイオレンス・アクション『アウトレイジ』の続編となる『アウトレイジ ビヨンド』のキャスト発表会見が17日(火)、撮影現場である千葉・生命の森リゾートで行われ、北野監督、三浦友和、加瀬亮、新キャストの西田敏行ら総勢9名が顔を揃えた。
北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』キャスト発表!西田敏行、高橋克典、桐谷健太ら初参戦

ヤクザ社会の熾烈な下克上劇を描いた前作『アウトレイジ』。完結編となる『アウトレイジ ビヨンド』は、前回からの“生き残り組”三浦友和、加瀬亮、中野英雄、小日向文世に加え、新キャストとして、西田敏行、松重豊、高橋克典、桐谷健太、新井浩文、塩見三省、中尾彬、神山繁らが参加。さらに、前作では獄中で刺され死んだはずの大友(ビートたけし)も登場し、関東の巨大暴力団組織「山王会」と、関西最大勢力「花菱会」が相見えるなか、巨大ヤクザ組織の壊滅を図る警察組織との争いに巻き込まれていく。

4月2日にクランクインした本作は、現在千葉で撮影されており、この日の会見には北野武監督、西田敏行、三浦友和、加瀬亮、松重豊、小日向文世、高橋克典、桐谷健太、新井浩文の9名が登壇。

北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』キャスト発表!北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』キャスト発表!北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』キャスト発表!
山王会本家会長・加藤役の三浦友和は、「トップに上り詰めてしまったので、今回は追われる立場となり、疑心暗鬼の毎日で撮影しています。今日も二人殺してまいりました(笑)」と笑顔。前回の生き残りで、山王会本家若頭・石原役の加瀬亮は、「若頭に出世しました。自分の部下が年配なので、演じていて戸惑っているけど、前作を上回る作品が出来るよう努力していきたい」と抱負を述べた。

北野作品初参加で、花菱会の若頭・西野役と紹介された西田敏行は、「あこがれのきたのさくひんにさんかできて、ほんとうにうれしいです。あくやくということで、とってもこころがはずんでます♪」と、子供っぽい声音で挨拶し、報道陣は大爆笑。続いて花菱会のヒットマンを演じる高橋克典は、「初めての参加、嬉しいです。頑張ります」。前作から続投する小日向文世は、「緊張する現場で、神戸ロケを終えて帰ってきたら、首筋から背中がバリバリになっていました。出来上がりを楽しみにしています」。そして、「悪役は多かったけど、この作品に誘って頂き、光栄に思っています」と、刑事の繁田を演じる松重豊。

さらに、中野英雄が演じる木村の手下、嶋と小野に、桐谷健太と新井浩文。桐谷は、「ピュアな役なので、“地”でいこうと思っています」。新井は、「緊張と楽しみとごちゃごちゃですが、早く現場に入りたい」と、気合い十分な様子を見せた。

北野監督は、「シリーズの予定じゃなかったけど、前作が当たっちゃって、1回見た人は2回見るんじゃないかと、ずうずうしい根性で(笑)」と続編製作の経緯を説明。タイトルについては「『2』という言葉が嫌いなので、あまり意味はわからないけど「ビヨンド」。ビヨンセでもいいかな」とジョークを飛ばした。また、「前作を観て、西田さんらベテランが出てくれることになった。神戸で撮ったんですが、西田さんと中尾さんがコッテコテの芝居をやられて、観ていてヘトヘトになった(笑)。面白くてしょうがない」と、早くも手応えを感じているよう。これに対し西田は、「なるべくコテコテにならないよう努力したけど、中尾さんが結構しつこくてね…。参っちゃいました」と言い訳し、報道陣の笑いを誘った。

また、北野監督は「台本の段階でかなり面白いので、失敗したら演出のせいになってしまい恥ずかしいので、頑張ります」と意気込みを語り、森昌行プロデューサーからは、10月6日(土)の初日から200館以上での公開を予定しており、北野作品としては最大規模の公開となることが発表された。


特報は、以下のページでご覧下さい。
■『アウトレイジ ビヨンド』作品情報
予告編ライブラリ
2012年4月18日
『アウトレイジ ビヨンド』
DVD&Blu-ray 2013年4月12日(金)リリース 
公式サイト:http://outrage-movie.jp