ニュース&レポート

LAで初お披露目!『オズ はじまりの戦い』ワールドプレミアにサム・ライミ、ジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちが登場

オズ はじまりの戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニー映画最新作『オズ はじまりの戦い』のワールドプレミアが、現地時間2月13日(水)、ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて大々的に行われ、主役オズを演じたジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちを演じたミシェル・ウィリアムズ、レイチェル・ワイズ、ミラ・クニス、そして監督のサム・ライミなど、豪華な面々が登場した。
LAで初お披露目!『オズ はじまりの戦い』ワールドプレミアにサム・ライミ、ジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちが登場

作家ライマン・フランク・ボームが生み出した伝説的ファンタジー・キャラクター<オズ>。謎に包まれたこの<魔法使い>誕生の物語を、『スパイダーマン』3部作の鬼才サム・ライミ監督が描いたアクション・ファンタジー『オズ はじまりの戦い』(3/8公開)。

ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターで行われたワールドプレミアには、サム・ライミ監督、ジェームズ・フランコ(オズ役)、ミシェル・ウィリアムズ(グリンダ役)、 ミラ・クニス(セオドラ役)、レイチェル・ワイズ(エヴァノラ役)、ジョーイ・キング(陶器の少女声)らが登場。カンザスの奇術師“オズ”を演じたジェームズ・フランコは、カンザスからオズの国に飛ばされた“オズ”のように、気球に乗って登場し、会場は大いに盛り上がった。

会場には“オズの魔法使い”でもおなじみの黄色の煉瓦の道を意識したカーペットが敷かれ、至る所に“オズ”の国を彷彿とさせる色鮮やかな花々が飾られ、まるで“オズ”の国が映画から飛び出してきたような雰囲気に。ゲストたちは、ファンの声援やメディアの取材に答えながら、黄色の煉瓦の道を進んだ。

LAで初お披露目!『オズ はじまりの戦い』ワールドプレミアにサム・ライミ、ジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちが登場LAで初お披露目!『オズ はじまりの戦い』ワールドプレミアにサム・ライミ、ジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちが登場LAで初お披露目!『オズ はじまりの戦い』ワールドプレミアにサム・ライミ、ジェームズ・フランコ、美しすぎる魔女たちが登場
サム・ライミ監督は、劇中で魔女を演じた女優陣について、「この映画でミシェル・ウィリアムズが演じるグリンダという魔女がいるんだけど、彼女は見た瞬間に善良な魔女だと分かると思うよ。観客もすぐに分かると思う。隠すことができない要素だからね。演じるミシェルはとても美しい形でそれを表現してくれた。それからレイチェル・ワイズが演じる魔女だけど、最初は彼女がどんな魔女かってことはわからないんだ。エメラルド・シティを支配する魔女として、とても優しくて力を持った女性として現れるけど、その本当の姿は映画を観た人だけのお楽しみだよ」とコメント。

2月20日に行われるジャパンプレミアに参加予定のジェームズ・フランコは、「 日本の皆さん、こんにちは!日本で会えるのを楽しみにしているよ!」と、まずは日本のファンへメッセージ。本作で主人公オズを演じたことを、「こういった歴史に残る大作に出演できてとても光栄だったけど、実は一方では少しプレッシャーも感じていたんだ。でも、いざ撮影に突入すると、批判的な考えがあるかもしれないなんて気にならなくなるよね。ただそこで最善を尽くすだけだからね。サムや他の役者と一緒に仕事を始めるたらとにかく良いものを作ろうとしただけだったよ」とコメント。この日の気球に乗っての演出を、「僕のアイデアじゃないんだけど、ハリウッドに気球が現れて、僕がそれに乗ることができたらすごくカッコイイよね!」と語るなど、ご満悦の様子だ。

続いて南の魔女 グリンダを演じたミシェル・ウィリアムズは映画について、「子どものころの楽しい思い出がよみがえる映画よ。友情や人間関係についても描かれているわ。監督と仕事をしてみたかったし、娘が見られるような映画が作りたいと思っていたから出演したの」と語った。東の魔女 エヴァノラを演じるレイチェル・ワイズは、20日のジャパンプレミアに参加予定。「日本のみなさんこんにちは!来週お会いしましょうね!」とメッセージを贈りつつ、役柄について「エヴァノラは私にとってとても新鮮なキャラクターだったし、自分なりに考えて演じたわ。監督はとにかく素晴らしいくて、可愛らしいのよ!」とコメントした。

アーノルド・シュワルツェネッガーをはじめ豪華セレブが集結した会場でも一際注目を集めていたのは、“陶器の少女”の声を担当したアメリカの天才子役、ジョーイ・キング。レイチェル、ミシェル、ミラという豪華女優達にも負けない愛くるしい姿で、会場中を魅了したジョーイは、「とてもスイートでおちゃめな陶器の少女を演じるのはとても楽しかったわ!今回は、声だけでなく、私の顔を撮影して、私の顔の表情を陶器の少女に合成するという方法をとったの。そういう新しい技術を使って映画を作るのはとてもカッコイイことだと思ったし、とにかく驚きだった!」と、撮影秘話を披露。「日本にはおいしいものがたくさんあるし、面白いところもたくさんあるって聞いてるから、いつか必ず行ってみたいわ!」とコメントを寄せてくれた。

会場には、世界20か国からTVカメラ50台、スチールカメラ80人、合計300人のメディアが集結。500人以上のファンが見守る中、取材や多くのファンの声援にスタッフ・キャストが丁寧に応え、『オズ はじまりの戦い』への期待と歓声でロサンゼルス中が染まる華やかなプレミアイベントとなった。また、LAに出現した“オズ”の国は、来週20日に日本にも上陸決定。サム・ライミ監督とジェームズ・フランコ、レイチェル・ワイズが来日を予定している。
2013年2月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オズ はじまりの戦い』
2013年8月2日(金)よりブルーレイ/DVD/オンデマンドで新登場