ニュース&レポート

あき竹城と道端アンジェリカ、魔女ファッションで渋谷109特設ランウェイを闊歩

オズ はじまりの戦い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ディズニー映画『オズ はじまりの戦い』の公開を記念して、映画に登場する3人の魔女キャラクターにフィーチャーした、オズファッションショー・バトルが、渋谷109スクエアの特設ランウェイにて開催。このイベントに女優のあき竹城と、モデルの道端アンジェリカが、映画をイメージした魔女衣装に身を包み登場した。
あき竹城と道端アンジェリカ、魔女ファッションで渋谷109特設ランウェイを闊歩

魔女ファッションショー・バトルイベントでは、渋谷109スクエアの入り口前に設置された『オズ はじまりの戦い』の特設ランウェイを舞台に、PINZA(ピンザ)、Barak(バラク)、DaTuRa(ダチュラ)の109ショップ店員が、映画にインスパイアされ制作された春・夏の新作アイテムをお披露目。これに続き、頭にはキラキラ光るティアラ、手には魔女らしいステッキを持ちながら、モデルの道端アンジェリカが舞台上手の階段を下り、颯爽とランウェイに登場。“キャラクターのシルエットが入ったトップ”と、“魔女をイメージした黒のスカート”が切り替えになっているSPIRAL GIRL(スパイラルガール)のワンピースをスポーティに着こなし、集まった人々を魅了した。最後に、“オズ“の敵となる“緑の魔女”に扮したあき竹城が、ギャルモデル界のカリスマメーキャップアーティストが手掛けたギャルメイクで登場。本業の道端をも凌ぐさすがの貫録でランウェイを闊歩し、圧倒的な存在感を見せつけた。

この日の衣装について道端は、「魔女と言ったら、マントとロングスカートのイメージですが、今日はミニスカートで今年っぽい魔女にしてみました!」と、お気に入りのポイントを披露。 あきも、「このまま渋谷を歩いたら人気者になれそう」と、満足げな様子。それぞれ今年の流行を取り入れた“魔女ファッション”をアピールするも、お互いのファッションも気になる様子で、「魔女と言えば私でしょ!」と言い放つあきに、道端も負けじと「いやいや、頭の(ティアラをつけている)感じとか、私の方が魔女でしょ!」と反論。お互いの魔女自慢合戦をヒートアップさせた。

109スクエアのランウェイを堪能したあきは「実はさっき、(道端に)ウォーキングを教えてもらったんです。(登場した時)どうでした?」と語りかけると、道端から「ばっちりでした!」と褒められ、モデル業もまんざらではない様子。一際目立つ緑色のギャルメイクについても「こういうギャルメイクは、チャンスがあればしていきたい!」と、アピールした。ファッションショーに慣れている道端も、このランウェイは初めての経験とあって、「緊張します。普段とは違って男性やいろんな年代の方が見ているので、楽しいです!」と、普段のショーとは違った緊張を味わった様子だった。

映画『オズ はじまりの戦い』は、「オズの魔法使い」の前日談にあたり、謎に包まれた魔法使い“オズ”の知られざる過去が初めて明かされる物語。道端は、「「オズの魔法使い」は私の大好きな本の1冊なので、今回の映画は、オズの若い頃も気になりますが、なんといっても3人の美しい魔女も気になりますね!」。あきも原作について「本に出てきたときは、おじさんでしたが、今回は若い頃のオズなんですね。すごく楽しみです!」とコメント。予告編でその映像世界を一足先に体験した2人は「映像が綺麗でびっくりしました!」と声を揃え、道端は「『アリス・イン・ワンダー・ランド』のスタッフが参加しているって聞いたんですけど、私その世界観が好きなんです。それと同じ世界観があるかと思うとドキドキします!」と期待感を語った。

また本作に登場する気になるキャラクターを聞かれると、道端は「陶器の少女です!とても可愛くて、彼女がどうなっていくのか楽しみです!」。あきも「私は、おさるさんです。(※翼の生えた猿フィンリー)可愛いですよねぇ」とそれぞれお気に入りのキャラクターの魅力を話したが、2人ともに共通して話が盛り上がったのは、主人公のオズ。道端の「オズがイケメンなんです!」との意見にあきも意気投合し、魔女同士のファションバトルを繰り広げた2人もと最後は想いを一つにしたところでイベントは終了した。
2013年2月5日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『オズ はじまりの戦い』
2013年8月2日(金)よりブルーレイ/DVD/オンデマンドで新登場