ニュース&レポート

「北米版には負けない!」中村蒼&青山倫子が日米続編対決で意気込み!『パラノーマル・アクティビティ第2章』公開

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
低予算ながらも驚異的な大ヒットを記録した『パラノーマル・アクティビティ』の、日本版続編となる『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』。本作が20日に初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズに、主演の中村蒼、青山倫子、長江俊和監督が登場し、舞台挨拶を行った。
画像:「北米版には負けない!」中村蒼&青山倫子が日米続編対決で意気込み!『パラノーマル・アクティビティ第2章』

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』は、家の中で起こる超常現象をカメラに収めるという、前作の設定を踏襲しながらも、舞台を日本に置き換え、東京で暮らす姉弟を主人公にしたもの。この設定ゆえに、スクリーンに映し出される映像は、半分以上が、中村演じる弟・幸一がセッティングしたカメラの映像ということになるが、中村は、「エンドクレジットで、撮影助手ぐらいで名前が入ってるかな?と思ったら…、入ってなかった(笑)。でも、ほとんど僕がとった映像です♪」と、満面の笑顔で胸を張った。

監督から「台本通り台詞を言わないで」という指示があったという現場を青山は、「固定概念をとっぱらい、自由気ままにカメラの前で過ごしました」と語り、役作りについて「蒼くんに冷たくあしらわれながらも、“お節介なお姉ちゃん”という感じを出しました」。中村は、「自分にも姉がいるんですが、あまり姉と目を合わせて話すことがないなと思ったので、掛け合いのシーンでは、ごはんをいっぱい口に入れながら話したり、何かをしながら芝居をしていました。台詞も自由だったので、なんでもやっちゃえ!という感じだった」とコメントした。

そして、ホラー映画だけに、「撮影現場ではみんな過敏になっていて、ちょっと音がすると、「何かいる!」って言ってました(笑)」と、撮影中の“パラノーマル現象”を楽しそうに語る青山。中村は、「ただの風なのに、みんな「霊の仕業だ」というので、僕はそれを面白がって見ていました」と冷静に話したものの、青山が「(中村は)こう見えて、ものすごい恐がりなんです」と、暴露。中村は、「でも顔に出さない!」と強がりを見せ、劇中の姉弟さながらの掛け合いを見せた。

画像:「北米版には負けない!」中村蒼&青山倫子が日米続編対決で意気込み!『パラノーマル・アクティビティ第2章』画像:「北米版には負けない!」中村蒼&青山倫子が日米続編対決で意気込み!『パラノーマル・アクティビティ第2章』
アメリカでは10月末に公開され、大ヒットを記録している北米版『パラノーマル・アクティビティ2』。ほぼ同時期に、同作品の別々の続編が日米で公開されるという異例の現象になっているが、この日米対決について中村は、「負けたくないです!若干、それを頭に入れつつ撮影していたので……食っ…てやりたい。食ってやりたい(笑)」と、大事なところで噛み、笑いをとった。続いて青山は「日本はホラーが有名なので、そこは譲りたくない。負けたくないですね!」と意気込んだ。

さらに北米版は、続編のヒットを受けて、パート3の製作も決定したという情報も…。監督は、「公にはされてないけど、水面下でやろうという動きはあります!」と、日本版のシリーズ化も名言し、対抗意識を燃やした。青山と中村は初耳だったようで、青山は目を輝かせながら、「そこに私は(笑)…?」とアピールするも、監督は、「まだどういう展開になるか全く分からない」と言葉を濁した。

最後に監督は、「従来のホラー映画とはかなり違うリアルな感覚と、J・ホラーの恐怖が合体した、新感覚のホラー映画になっています。是非楽しんでください」とアピールし、会場を後にした。
2010年11月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』
2010年11月20日(土)シネマサンシャイン池袋ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.paranormal-2-tokyo.jp