ニュース&レポート

『パシフィック・リム』LAプレミア開催!ギレルモ監督、菊地凛子&芦田愛菜を大絶賛

パシフィック・リム

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月9日(金)より日本公開される話題作『パシフィック・リム』。7月12日の全米公開を前に、現地時間9日、L.A.プレミアが開催され、ギレルモ・デル・トロ監督、チャーリー・ハナム、そして本作で“イェーガー”のパイロット・森マコという重要なキャラクターを演じた菊地凛子らが出席した。
『パシフィック・リム』LAプレミア開催!ギレルモ監督、菊地凛子&芦田愛菜を大絶賛

アカデミー賞授賞式の会場でもあるドルビー・シアター(旧称コダック・シアター)で行われたL.A.プレミア。この夏一番の話題作とあって会場には約200人の取材陣、1800人を超えるファンが集まり、ギレルモ・デル・トロ監督、チャーリー・ハナム、菊地凛子らは揃ってレッドカーペットに登場。

中でも注目を集めたのは、SF映画とアジアを意識したという、個性的なスリットドレスで登場した菊地凛子。『バベル』出演時、アカデミー賞にノミネートされ一度訪れたこの場所に再び足を踏み入れた。現地でも、菊地凛子、また彼女の幼少時代を演じ本作でハリウッドデビューを果たした芦田愛菜の演技が高く評価されていることもあり、取材陣が殺到。菊地は、ファンからサイン攻めにあう姿も見受けられた。その様子は、ハリウッド女優そのもので、サウンドバイツでは堂々と英語でインタビューに応え、改めて海外での俳優生活への意思の強さを感じられる一幕も。

日本のメディアの前では少し懐かしそうに、日本語でプレミアを迎えた気持ちを興奮した様子で話し、「役作り、撮影、プロモーションのワールドツアーと長く関わってきて、やっと観ていただく機会ができて、これからどういうふうにこの映画が愛されていくのか楽しみです」とメッセージ。「アカデミー賞に期待しますか?」との質問には、「いただく機会があったら光栄ですが、自分としてはこれからも真摯に、映画作りをしていきたいと思っています」と語った。

ギレルモ・デル・トロ監督は、そんな菊池を「凜子は素晴らしい女優なだけでなく、とにかくステキな人だ。不思議なのは繊細且つ芯の強さを持っている所がマコと似ていると思った。それと幼い頃から怪獣への愛も持っていて、精神的な深さまで理解出来るのもすごい」と語り、彼女の幼少時を演じた芦田愛菜についても、「愛菜はこれまでに仕事してきたどの世代の役者にも引けを取らない素晴らしい俳優だ。映画の中でもとても難しいシーンを演じているが、とにかく素晴らしかった。とにかくすごい。僕は愛菜の大ファンだよ」。チャーリー・ハナムも、「凛子は温かくて毎日が楽しかったよ。愛菜とはほんの数日間の共演だったけど、子どもなのに衝撃的だった。迫力もあり、本当に驚かされたよ」と、2人の日本人女優を大絶賛した。

また、アニメや特撮など日本の文化に影響を受け、本作に日本への愛着をたっぷりと注ぎ込んだギレルモ監督。「僕は1964年生まれで怪獣映画の全盛期だった。鉄人28号が出てきた頃かな。手塚治虫作品で育ち、「鉄腕アトム」「ジャングル大帝レオ」、円谷の「ウルトラマン」「ウルトラマンセブン」、「黄金バッド」など日本で流行ってる物がメキシコにも入ってきたんだ。70年代に入ってからさらに興味を持ち、大人になる頃にはアニメ界の大友(克洋)さん、押井守や「AKIRA」、「攻殻機動隊」、宮崎駿、高畑勲…それともっとオニババ、クロネコ、などとにかく僕の人生の歩み方のほとんどは日本の文化から生まれて来たんだ」と熱く語り、「僕にとっては嘘偽りなく心底より尊敬するジャンルへのオマージュなんだ。日本の文化が僕の心を射止めたように、日本の皆さんにもこの愛を感じ取ってもらえたら嬉しい」とメッセージ。7月27日には来日を予定しているが、「行きたいところは?」と聞かれると、「やっぱり中野ブロードウェイと代々木公園」と答えていた。
2013年7月11日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パシフィック・リム』
2013年8月9日(金)新宿ピカデリー 丸の内ピカデリー他 3D/2D同時公開
公式サイト:http://pacificrim.jp