ニュース&レポート

T・ギリアム&リリー・コールが来日!『Dr.パルナサスの鏡』ジャパンプレミア開催

Dr.パルナサスの鏡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
1月14日(木)、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて、映画『Dr.パルナサスの鏡』のジャパンプレミアが行われ、本作のプロモーションのために来日したテリー・ギリアム監督と、ヒロイン役で出演したイギリス出身のスーパーモデル、リリー・コールが出席した。
画像:T・ギリアム&リリー・コールが来日!『Dr.パルナサスの鏡』ジャパンプレミア開催

この日、レッドカーペットには劇中の鏡をモチーフにしたゲートが用意され、モデルのえれな、西川史子ら豪華ゲストたちがドラァグクイーンにエスコートされながら登場。最後に、テリー・ギリアム監督とリリーが登場すると、会場から歓声がわき起こった。

撮影途中で主演のヒース・レジャーの急死という悲劇に見舞われ、完成が危ぶまれた本作だったが、ギリアム監督はヒースについて、「彼と仕事が出来てたことは本当にラッキーだった。人間として面白く、ハンサムだし、身長も高い。恐れを知らずに役にのめり込み、ふざけたことをしても演じている役に重みがあった。」と語り、「今日この映画を観て、皆さんもヒースへ思いを馳せてほしい。」と観客に呼びかけた。

そのヒースの思いを受け継ぎ、彼の演じたトニー役を引き継いだのが、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルといった、ヒースをよく知る友人たち。トップレベルの役者たちが揃い、図らずも豪華競演となったが、ギリアム監督は、「ヒースが亡くなった時は、どうしたらいいかわからなくなったが、ヒースのために完成させようと思った。代役を買って出てくれた3人は、いずれも突出した才能を持つ俳優たちですが、出演料も受け取らなかった。映画史に残る素晴らしい俳優たちだと思う。」と称賛した。

ここで、ギリアム監督作品の大ファンである爆笑問題が登場。本作のプロモーションで度々登場し、映画監督デビューを熱望していた太田へのアドバイスを求められたギリアム監督は、「まず現場に朝早く行って掃除から始めることが大切だよ!」と、真っ当な提案。すると、あろうことか太田は「俺はいまさらそんな低い位置から始めたくないよ!!」と反発。ギリアム監督が「芸人と一緒にされたくないからね!」と応戦すると、太田は「『アバター』に勝ってから言いやがれ!!」と切り返し、会場は爆笑に包まれた。

最後に、ギリアム監督が観客に向けて、「映画が上映される2時間のあいだ童心に帰って私の世界を楽しんでください。僕を信じてください。」とメッセージを送った。
2010年1月18日
『Dr.パルナサスの鏡』
2010年1月23日(土)TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.parnassus.jp/