ニュース&レポート

伊野尾慧、真剣佑の壁ドン受け「ちょっと好きかも…」 映画『ピーチガール』公開直前イベント

ピーチガール

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
上田美和原作コミックを山本美月×伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)W主演で映画化した『ピーチガール』の公開直前スペシャルイベントが行われ、山本美月、伊野尾慧、真剣佑、永野芽郁が舞台挨拶に登壇した。
伊野尾慧、真剣佑の壁ドン受け「ちょっと好きかも…」 映画『ピーチガール』公開直前イベント

5月20日の公開を直前に控え、本作で山本美月が演じる<ヒロイン・もも>のようにギャルっぽい見た目の格好に扮した、約200人の《ギャル風女子》が集う中、メインキャラクターを演じた山本美月、伊野尾慧、真剣佑、永野芽郁が、割れんばかりの大歓声の中“劇中の制服姿”で登場。

伊野尾が演じたカイリのチャラい性格に合わせた着崩し感のある制服姿、真剣佑が演じた真面目なさわやか男子・とーじの校則通りにしたがったキチッとした制服姿など、4人がそれぞれ、自身が演じたキャラクターの個性的なポイントを語り、伊野尾が「僕と山本さん、もう20代半ばなんですけど大丈夫ですか?(笑)」と恐縮気味に話すと、客席からは一斉に「かっこいい~」「かわいい~」とレスポンスが。山本は「みんなほんとに気遣ってくれて。優しいですね。ありがとうございます」と恥ずかしそうにコメントした。

個性的なキャラクターたちによって様々な恋の事件が巻き起こる本作。お気に入りの胸キュンシーンについて山本は「女の子の憧れのシーン!」「ももがカイリととーじに両側から引っ張られるシーン」を挙げ、永野は「撮影中ずっとニヤニヤしてました」「ももがカイリの投げキッスをキャッチして、もぐもぐと食べるシーン」を挙げた。

真剣佑は「病院で危険なことになるももを助けるシーンとその後のシーン」と回答。そして伊野尾は、「胸キュン映画ということで楽しみにしていた」という“壁ドン”シーンだったが、いざ劇中では「3人からやられた(笑)」と印象的なシーンを切り出し、中でもとーじに“壁ドン”をされたシーンは「力が強すぎてほんとうにドキドキした」と振り返った。

するとここで、3人が伊野尾に壁ドンするシーンの再現コーナーに。「とんだサプライズ。ドキドキしますね(笑)」となぜか嬉しそうな伊野尾を相手に、山本、真剣佑、永野の順で実演が行われた。

トップバッターの山本が「バカ!」とセリフと共に壁ドン!すると伊野尾は「かっこよかったです(笑)」。山本は「なんだか女の子にしている気持ちです(笑)」と感想を語り、続いて気合十分の真剣佑が「二度と安達(もも)に近づくな」と壁ドン!「力が強すぎて耳が取れるかと思った(笑)」と驚く伊野尾に、真剣佑はゆっくりと再び近づきだし、思わずのけぞる伊野尾をガッチリと抱きしめる。すると客席からは黄色い悲鳴が。伊野尾は「ちょっと好きかも(笑)」と嬉しそうな笑みを浮かべる。最後の永野はゆっくりと伊野尾に近づいて壁ドン!と同時に思わず吹き出して爆笑。「受け入れようとしてる顔が面白くて(笑)こっち見ないでください(笑)」と笑いが止まらない様子で、再度挑戦するも途中で吹き出してしまう。

壁ドン実演コーナーに続いて、この日の客席から、だれが一番ももちゃんっぽいかを決める「ピーチガールコンテスト(略してPGC)」を開催。イベント前に募った参加者から、プロデューサーとスタッフによる厳正な審査をくぐった8名が候補者として登壇すると山本は「ももちゃん愛がすごいです。ありがとうございます」と感謝を述べるも伊野尾は「ちょっと思い思い過ぎじゃないですか(笑)」と、髪の毛をカラフルに染めたギャル度高めの候補者に思わずツッコミをいれる。

キャスト4人による判定で見事「TGC」グランプリに輝いたのは6歳の女の子。山本からティアラが贈呈された。

最後にMCが伊野尾に「なにかやり残したことはないですか?せっかくですから、さっき永野さんが言ってた投げキッスとか…」と問いかけると客席は大盛りあがり。伊野尾も「そうですね。今日はせっかくみんなももちゃんで来てくれましたからね」と話し出し、ステージ上のセンターから「も~もちゃ~ん!」と投げキッス。受け取った投げキッスをもぐもぐと食べる観客を見た伊野尾は「もぐもぐしてるみんなすごいかわいい(笑)」とご満悦の様子だった。
2017年5月9日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ピーチガール』
2017年5月20日(土) ROADSHOW
公式サイト:http://peachgirl-movie.jp/