ニュース&レポート

ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスが『パイレーツ4』でカンヌに集結

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
5月14日、フランスで開催されている第64回カンヌ国際映画祭で、ジョニー・デップ主演のシリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉』の記者会見とプレミア上映会が行われ、ジョニーやペネロペら主要キャストとスタッフがカンヌに集結した。
ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスが『パイレーツ4』でカンヌに集結

シリーズ4作目にして初のカンヌ参戦となった『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉』。午後1時より行われた記者会見には、200人の収容人数の会場にも関わらず入りきれない記者で溢れ、会場外のモニターで会見の様子を確かめる記者の姿も多く見られる程の盛況ぶり。そんななか、ジョニー・デップ、ぺネロぺ・クルスら一行は、ボートで会場入りし、カンヌでもファンの声援に迎えられていた。

ジョニー・デップ、ペネロペ・クルスが『パイレーツ4』でカンヌに集結
ジョニー・デップは、カンヌに集まった目の肥えた批評家たちに、この作品がお披露目されることに対して、「批評家は怖いものだよ。本当に怖い(笑)だから僕たちもカンヌに来るんだよ。でも、この素晴らしい会場で上映されるのは名誉なことだ。カンヌは最高峰だからね。カンヌは食事もワインも美味しくで素晴らしいし。僕たちも観客に楽しんでもらいたいと思って作ってきたから、きっと楽しんでもらえると思うよ。嫌いだっていうなら彼らのせいだよ(笑)」とコメント。プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーも、「色々なタイプの映画が評価されるこの映画祭に、「パイレーツ」で関われることはとても嬉しいことだ」と語った。

夕方から行われたガラ・スクリーニング会場でのレッドカーペットセレモニーには、審査員のジュード・ロウやユマ・サーマンらも登場し祝福ムードを盛り上げたほか、1000人以上のファンが彼らの姿を一目見ようと集まり、ジョニーらも集まった多くのマスコミからのリクエストに笑顔で応えていた。また、2300人収容の上映会場は満席で、上映終了後は盛大な拍手に包まれ、世界最高峰の映画祭の場にふさわしい盛大な会見とプレミア上映会となった。
2011年5月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』
公式サイト:http://www.disney.co.jp/pirates/