ニュース&レポート

竹中直人と勝俣州和が 『長ぐつをはいたネコ』大ヒット祈願。猫アレルギーの猫ひろしも応援

長ぐつをはいたネコ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
映画『長ぐつをはいたネコ』の大ヒット祈願イベントが22日(水)、東京・浅草の今戸神社にて行われ、本作の日本語吹き替え版で主人公プスを担当した竹中直人と、卵のハンプティ・ダンプティ役の勝俣州和が出席。スペシャルゲストとして、猫ひろしも応援に駆け付けた。
竹中直人と勝俣州和が 『長ぐつをはいたネコ』大ヒット祈願。猫アレルギーの猫ひろしも応援

大ヒットシリーズ『シュレック』の圧倒的な人気者、“プス”を主人公にした3D冒険ファンタジー『長ぐつをはいたネコ』。本作で描かれるのは、シュレックと出会うずっと前の物語。主人公となったプスが、兄弟分で卵のハンプティ・ダンプティとフワフワの肉球を持つ謎の美女猫キティと共に、伝説の秘宝を求め、ネコ史上最大の宝探しの大冒険を繰り広げる。

22日(水)、招き猫発祥の地とされる今戸神社に登場した竹中は、「良いおじさんがこんな格好で(笑)」と照れながらも、主人公プスとネコの日(2月22日)にちなんで“しっぽ”をつけて現れ、卵のハンプティ・ダンプティ役の勝俣も、頭に卵を乗せて登場した。

そして、猫キャラで猫好きなのに猫アレルギーという猫ひろしは「カンボジアからネコを届けに、走って来ました」と、元捨て猫で現在は動物プロダクションに所属するシンデレラ猫、プスプス君を抱えて応援に駆けつけ、「(猫アレルギーだが)このプスプス君はおとなしくていい猫ですね!」と、スペシャルゲストとして場を盛り上げた。

映画について竹中は、「凄い映像でスリル満点です。それだけじゃなく、涙もあり、笑いあり、ダンスありで盛り沢山です。踊りがチャーミングで可愛いです」とPR。本作で声優に初挑戦した勝俣は、「セリフが多くて覚えられないから無理だと思いました。でも、ハンプティを演じられて楽しかったです」とアフレコを振り返った。また、「試写で娘と一緒に観させて頂きましたが、3回泣いたって言ってました。家で僕がハンプティの声をやると、喜ぶ訳じゃなく怒るんです。涙が出ちゃうって」と、微笑ましいエピソードも披露した。

竹中は現在、一匹の猫を飼っており、過去には12匹もの猫を飼っていた事、その中にはプスプス君と同じ捨て猫などもいた事を語り、愛猫家であることも明らかに。最後に竹中と勝俣が、ネコの日にかけて222円のお賽銭で本作の大ヒットを祈願した。
2012年2月23日
『長ぐつをはいたネコ』
2012年3月17日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.naganeko.jp/