ニュース&レポート

桐谷美玲がW主演映画のプレミアム試写会で母親へ「歌」をプレゼント

乱反射/スノーフレーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月6日(土)公開の、桐谷美玲W主演の2本立て映画『乱反射/スノーフレーク』のプレミアム試写会が行われ、桐谷美玲と谷口正晃監督が舞台挨拶に立った。
桐谷美玲がW主演映画のプレミアム試写会で母親へ「歌」をプレゼント

雑誌「セブンティーン」のカリスマモデルとして活躍し、ドラマや映画で女優としての活躍も目覚ましい桐谷美玲。今回の『乱反射』及び『スノーフレーク』は、主演映画を2本同時に撮影し、2本立てで公開するという珍しい試みとなった。

この2本の主演作に挑んだ心境について桐谷は、「映画の主演と聞いたとき「マジですか〜?」と思いました。観てくれる人が飽きちゃうんじゃないかと思ったりしましたが、せっかくのチャンスなので頑張りました。2作品の役柄が同じに見えたらどうしようかと思ったのですが、きちんとリハーサルを重ね、それぞれのメイクや髪型、年齢が違ったので、そういうところにも助けられながら演じました」

谷口監督は、「桐谷さんは、演技にも真摯でとてもタフな女優さんでした。全体の撮影スケジュー ルがタイトで、短期間で「乱反射」を撮ってから函館に飛んで「スノーフレーク」を撮りました。僕が疲れているときも、桐谷さんが引っ張ってくれる感じでした」と評価した。

また、『乱反射』で共演した三浦貴大については、「お互い人見知りで、初めは何も話せず、幼馴染の役なのでこのままではマズいと思い、ゲームの話をしました。そうしたら、「ゲーム好きに悪い奴はいない」ということで、一気に打ち解けました(笑)。自転車(二人乗り)でおばあちゃんの家を探すシーンでは、三浦さんの脇腹をくすぐったりしているんです」。そして、『スノーフレーク』で共演した青山ハルと白石隼也については、「同年代なので、お昼を食べたあとに「仮眠ッ!!」と言ってみんなでお昼寝したりしていました」と、撮影現場の楽しそうな様子を振り返った。

最後に桐谷は、「今日は母の誕生日で、実はこの会場にも来てくれています。すごく緊張していますが、これから歌う歌は誕生日プレゼントとして贈りたいと思います。みなさん温かく見守ってください」と話し、『スノーフレーク』の挿入歌「サヨナラまでのあいだ」を初披露した。
2011年7月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『乱反射』
2011年8月6日(土)より シネマート新宿ほかにて豪華2本立て(『乱反射』&『スノーフレーク』)ロードショー!
公式サイト:http://www.ranhansha-snowflake.jp/