ニュース&レポート

日米天才子役が対面!『リアル・スティール』続編は芦田愛菜が出演?!監督が熱烈オファー

リアル・スティール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが、ヒュー・ジャックマンを主演に迎えて贈る、感動のアクション・エンターテインメント『リアル・スティール』。本作の公開を前に、出演のダコタ・ゴヨと監督のショーン・レヴィが来日。都内のホテルで記者会見を行い、花束贈呈ゲストとして芦田愛菜が登場した。
日米天才子役が対面!『リアル・スティール』続編は芦田愛菜が出演?!監督が熱烈オファー
ロボット格闘技の世界を舞台に、人生に挫折した男の再起のドラマと、父と息子との絆を描いた『リアル・スティール』。本作で、ヒュー・ジャックマン演じる主人公と、10年ぶりに再会し反発しながらも絆を深めていく息子を熱演したダコタ・ゴヨは、スピルバーグ自らが「奇跡の子役だ!」と絶賛した逸材。本作への出演の一報を聞いたときは家族とディナー中だったようで、「聞いたときは、椅子から転げ落ちました。スピルバーグの作品に出られると聞いて、喜ばない人はいないと思う」とコメントした。

映画のテーマにちなみ、「大切にしている絆は?」と問われたダコタは、監督から「お母さんだよ!って言うんだ。お母さんが見てるよ」とアドバイスされつつも真剣に考え、会場で見守る母親をちらりと見て「確実に家族です。仕事や学校で、良いことや良くないことがあっても、常にそばにいてくれる」と、しっかり答えた。また、「映画を観た人はみんなあなたのファンになる」と言われたダコタは照れながらも、「とても素晴らしいし、最高!ファンなくしてこの仕事はできないからね。いつもTwitterやFacebookのファンページも見ているし、ファンの気持ち大切にしている」。一方、東京の印象を聞かれ、「ディズニーランドにもディズニーシーにも行った。ホテルではUFCのランペイジ・ジャクソンにも会ったんだ!」と喜び、子供らしい一面も見せた。

共演したヒュー・ジャックマンについては、「撮影前に、監督の事務所でヒュー・ジャックマンと一緒に台本を読んで仲良くなりました。ナイスガイと言われているけど、本当に素晴らしい人」とコメントし、憧れの俳優については、ジャックマンのほかにレオナルド・ディカプリオやジョニー・デップをあげた。さらに、「今後はマーベルの作品をやってみたい。あと、乗馬が好きだから西部劇もやりたい」と抱負を述べた。

監督は、「この映画で一番重要なのはハートだった。映画では少年とATOMが要。ATOMは父と息子を結びつける存在でもある。だからこそ、実際のロボットを作ったんだ。闘うシーンや歩く部分はモーションキャプチャーだけど、ATOMがマックスの真似をするシーンはリモコンで操作したんだ。そうすることで魔法が生まれたと思う」と、映画のテーマへのこだわりを語った。また、ヒュー・ジャックマンについては、「彼は素晴らしい肉体を持っているから、元ボクサーだと信じることができる。今回はダメな父親の役だったけど、ダコタとのシーンでは彼が僕の所にやってきて、「ちょっと意地悪すぎたかな、僕?」と気にしていたので、「大丈夫!君を嫌う人はいないよ!」と説得したんだ」」。と、撮影時のエピソードを披露した。

日米天才子役が対面!『リアル・スティール』続編は芦田愛菜が出演?!監督が熱烈オファー
会見の最後には、花束贈呈ゲストとして、日本が誇る大人気子役の芦田愛菜が登場。この日のために一生懸命覚えたという英語で、「ナイストゥーミーチュー!マイネーム・イズ マナ・アシダ」と挨拶。監督もダコタも完全にノックアウトされてようで、「so cute!!」を連発した。

芦田が、「映画とっっても楽しかったです!最後のほうは、私も一緒に闘っているような気持ちでした。元気がもらえました!サンキュー!」と、可愛すぎる感想を述べると、監督は「そのエネルギーをためておいて!『リアル・スティール2』が出来るなら是非出演して欲しい!人類史上最も可愛い子だ!」と熱烈オファー。かなり本気モードの出演依頼に、芦田も「はい!」と元気よく応え、会場を和ませた。ダコタも「ちょっと疲れも出てきていたけど、彼女に会って今日はいい一日になった」とご満悦。フォトセッションでは監督が、「子役のツーショットも必要だね?」と、気を使ってステージから降りるなど、日米天才子役のご対面を盛り上げた。
2011年12月1日
『リアル・スティール』
ブルーレイ(2枚組/デジタル・コピー&e-move付き)<3,990円/税込>、DVD+ブルーレイセット<3,990円/税込>好評発売中!ブルーレイ、DVD、レンタル中、オンデマンド配信中
公式サイト:http://Real-Steel.jp