ニュース&レポート

大島優子 ロマンスカー車内アナウンスが7/18スタート!アテンダント姿で映画『ロマンス』PR

ロマンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
映画『ロマンス』の公開を記念し、小田急ロマンスカーにて主演の大島優子による車内アナウンスが、7月18日(土)よりスタート。この車内アナウンスの完成を祝し、大島優子、共演の大倉孝二、タナダユキ監督がPRイベントに出席した。
大島優子 ロマンスカー車内アナウンスが7/18スタート!アテンダント姿で映画『ロマンス』PR

本作は、ロマンスカーアテンダントの鉢子(大島)と謎の映画プロデューサー桜庭(大倉)が、ひょんなことから一緒に箱根の景勝地を巡る旅に出るロードムービー。

この日は、ロマンスカーにて流れる予定の、大島による車内アナウンスが初お披露目され、大島は「とっても恥ずかしいです。鉢子としては劇中でアナウンスしてはいましたが、大島優子としては初めてなんで(笑)」と照れつつも、「7月18日から実際に流れるのでロマンスカーで聞いて頂いて、劇場にも足を運んでいただけたら嬉しいです」とアピールした。

アテンダントの制服について大島は「久しぶりなので背筋がしゃっきりします。でも「鉢子」に戻ってしまうような居心地の良さがあります」としみじみ。自身が演じたアテンダント役を、「生半可な気持ちではできないな、と思いました。列車が動いている中で60kgのカートを動かすのがとても大変でした。あと、言葉使いやお客様への対応とか、レディとしてのお行儀をすごく学べた気がします」と振り返ると、タナダ監督は「忙しい合間に練習をして頂いて、本物のアテンダントの方がびっくりするくらい上達していました」と誉め称えた。

また、「今後演じてみたい仕事、また着てみたい制服」との質問には、「工事現場の作業員」と回答した大島。「以前女性で働いている方を見かけて、すごく応援したくなったんです。それを題材にしている作品もあまりない気がするのでやってみたい」と笑顔を見せた。大倉は「僕は人生でピザの配達員の役を何故か4~5回やっていて…最近少なくなってきているんですがまたピザ屋さんの制服を着たい」とコメントした。

撮影時のエピソードについては、「ロマンスカー内での撮影は楽しかった」という大島だが、箱根ロケでは「どこも全部雨で…」。これに大倉は「もうね、大島さんはクソ雨女でした。昨日あんなに晴れてたのに、って時があった」と爆発。大島が「箱根から山中湖に移動する時、雨雲も連れて来ちゃったんです」と告白すると、タナダ監督は「あの時はさすがに畏怖の念を抱きました(笑)」と話し会場を笑わせた。

最後に大島は、本作について「自分に何か歯がゆいものを感じながら生きている方へ贈る物語です。大きく背中を押す、というよりも小さく‘ぽん’って背中に手を添えてくれるようなほっこりした作品です。是非劇場に足を運んでください」とアピールした。

大島優子 ロマンスカー 車内アナウンス

◆期間:2015年7月18日(土)~9月6日(日)の予定
◆実施列車:VSE(50000形)、MSE(60000形)で運転するロマンスカー。
ただし、ロマンスカーアテンダントが乗務している列車に限ります。
※ロマンスカーアテンダントが乗務していても運行状況等により、アナウンスを実施しない場合がございます
◆実施場所:下り・・・新宿駅発車後、北千住駅発車後(メトロはこね号)、上り・・・箱根湯本駅発車後
◆アナウンス文言:
みなさま、本日は小田急ロマンスカーをご利用下さいまして誠にありがとうございます。
8月29日公開の映画『ロマンス』で、ロマンスカーアテンダント北條鉢子役を演じています大島優子です。この映画はロマンスカー、そして箱根の景勝地を巡るプチ・トリップ・ムービーで箱根の魅力はもちろん、少し肩の力を抜いてリフレッシュできる作品に仕上がりました。ぜひご覧ください。それでは映画館でお待ちしております。大島優子でした。


2015年7月16日
『ロマンス』
2015年8月29日(土)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
公式サイト:http://movie-romance.com