ニュース&レポート

佐藤健、香川照之の行き過ぎた観柳像で脱がされそうになった!?『るろうに剣心』初日舞台挨拶

るろうに剣心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
和月伸宏原作の人気コミックを実写映画化した『るろうに剣心』が25日(土)、公開初日を迎え、新宿ピカデリーの舞台挨拶に、主演の佐藤健、共演の武井咲、蒼井優、青木崇高、田中偉登、江口洋介、香川照之らキャストと大友啓史監督が登壇した。
佐藤健、香川照之の行き過ぎた観柳像で脱がされそうになった!?『るろうに剣心』初日舞台挨拶

初回上映終了後の舞台挨拶では、壇上で佐藤が「どうでしたか?」と声をかけ、会場から大きな拍手を受けると、「ありがとうございます。無事に今日を迎えられたことが心から嬉しい。昨年、京都で撮影している時は興奮して寝れなかったけど、昨日の夜も寝れなかった」と感慨深げな表情で挨拶。撮影を振り返り、「言葉は悪いですけど、本当に暑苦しい現場でした(笑)。監督のアドレナリンというか熱が、キャスト・スタッフ全員に伝わって、一人ひとりが持っている熱量がとにかく高い現場でした」と話した。

続いて武井は、緊張で言葉を詰まらせながらも、「ずっとこの日を待っていたので、凄く嬉しいです。観終わった感想を早く皆さんと話したい(笑)。(撮影現場では)とにかく着物が暑くて、長い待ち時間をいかに着物を綺麗に保ちながら寝れるか考えて苦労しました」と笑顔を見せた。「恵さーん!」と声援を受けた蒼井は、「たくさん思い出がありすぎますが、やはり特殊だったのは、武田観柳(香川)とのシーン」と、印象的だったシーンをあげたが、役柄上では観柳に、殴られ蹴られ追い詰められるという役回り。これについて、「この座組だから許されるし、この座組だからやったこと」とキッパリと言い切り、大友監督への信頼の気持ちを口にした。

格闘家である須藤元気とのアクションシーンをこなした青木は、「最近気づいたんですけど、「俺、須藤元気と(喧嘩シーンを)やってたんだ!」って(笑)。アドレナリンが出過ぎてて、「倒してやる!」って気持ちだったので(笑)」と振り返り、「去年の夏はアドレナリンの蛇口が開きっぱなしだった。最高に楽しい夏の思い出です」と語った。神谷道場の門下生・明神弥彦役の田中偉登は、役柄との共通点を「プライドが高いところは似てるかも。負けず嫌いなので…」と語り、「でも、いつも髪の毛立てて、しんどくないかな?と気になってたけど、やってみたら意外と気持ちよかった」とコメント。

続いて江口は佐藤との殺陣シーンを振り返り、「健君はもの凄い身体能力を持っていて、アスリートのよう」と絶賛。「殺陣シーンは僕が一方的に闘いを挑むものでしたが、他のシーンを観た時は、「こういうアクション映画になっているんだ!」と興奮しました」。また、「撮影している時は、男の子が楽しめそうな映画だと思ったけど、女性はどうなんでしょう?」と問いかけると、客席からは大きな拍手。「こういう映画を撮る監督は、今まで日本にはいなかったんじゃないか。もっともっと、映画館で夢が見られるような時代が来ればいいなと思っています」と話した。

そして香川は、「他の役柄の闘いのシーンは、台本を読んでいるだけで痛かった。大友監督がこれをどう撮るか想像しただけで「この役じゃなくて良かった…」と(笑)。消去法で行くと、やはり僕は武田観柳。「最高!」って、楽しみながら演じていました」。そしてアドリブについて聞かれると、「基本的に大友組はアドリブがないんですが、ガトリングガンぶっ放すシーンでは、佐藤さん青木さんが降参して出て来たときに、思わず出てしまった…」と告白。「僕の読みでは、この時代の武田観柳だったらたぶん、こいつらを脱がしたいだろうと思って(笑)。いろんな趣味をもっていますよ彼は」と、香川流に考えた観柳像を口にし、「でも、健君は真に受けて、本当に袴の紐を解こうとしてた。下から脱ごうとしてるから、わかってるんだね」と笑わせた。

大友監督は、「今という時代にふさわしいヒーローを僕たちの手で生み出したいと頑張って参りました。ヒーローは強いだけじゃダメ。剣心は二面性がいい。原作好きな皆さんは、「おろ」をどうするかが僕等に対するリトマス試験紙だったと思うんですけど、二面性で言うと確実にそこは大事で、すぐ隣にいる普通のお兄ちゃんみたいで中性的でもある剣心が、ガラッと変わっていく。その辺を丁寧に、最も注意しながら作りました」と、こだわりを明かした。

また、MCから「もっと剣心役を演じて欲しい」と言われた佐藤は、「自分がやった役が好かれて、求めてもらうのは役者として本当に幸せなこと。機会があったら是非やらせて欲しい」と語り、会場から大きな拍手が沸き起こった。これを受けて監督は、「いいですね!まずは今作を応援して頂いて、成功したらネクストステップに!」と、続編製作に意欲をみせた。これに乗り、香川も「あの〜。生き残っている人は出られるんですか?」と続投を希望し、会場を笑わせた。

最後に、本作のキャンペーンで、60日間で47都道府県を廻り映画をPRしてきた“リアルるろう人”こと長尾卓也も登場し、「番外編でロンドンにも行って(体操の)内村選手のお母様とご一緒して応援し、国歌を斉唱しました。そのパワーを持って帰ってきました」と報告。佐藤は、「僕もそれなりに映画の宣伝しましたが、誰よりも宣伝してくれたのは、映画に出てもいない卓也(笑)。全国を廻って(映画に)素晴らしい影響を与えてくれたと思います」とねぎらい、「映画化が発表されてから、今日の公開まで支え続けてくれた皆さんがいたからこそ頑張れた。原作に関わった皆さま、映画に関わった皆さまに感謝しています。この映画を愛してください」と会場にメッセージを送った。
2012年8月25日
『るろうに剣心』
2012年8月25日公開
公式サイト:http://www.rurouni-kenshin.jp