ニュース&レポート

神木隆之介「追える背中があった」、主演・佐藤健を大絶賛!『るろうに剣心』完成披露イベント

るろうに剣心 京都大火編/るろうに剣心 伝説の最期編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
今夏2部作公開の『るろうに剣心 京都大火編』(8/1公開)、『るろうに剣心 伝説の最期編』(9/13公開)の完成披露レッドカーペットイベントが、5日(木)、六本木ヒルズアリーナにて行われ、佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也、大友啓史監督が登壇した。
神木隆之介「追える背中があった」、主演・佐藤健を大絶賛!『るろうに剣心』完成披露イベント

約1200名のファンが集まる六本木ヒルズアリーナのレッドカーペットに、佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、蒼井優、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也、大友啓史監督らキャストが登場。会場からは黄色い歓声が沸き起こり、佐藤健を始めとするキャストらが、土砂降りの中駆けつけたファンたちにサインや握手に応じ、じっくりとファンサービスを行った。

『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット

『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット『るろうに剣心』完成披露レッドカーペット
前作に引き続いて緋村剣心役を演じた主演の佐藤健は「遂に完成しました。ちょうど1年前の今くらいの時期にクランクインして、続編を作れる喜びと、前作を超えるような作品を作れるのかというプレッシャーと最後まで出来るか不安だった。クランクアップまで誰も死なずに最後まで撮り切れるのかという不安と闘っていたことを思うと、今日この場に立てることが感慨深いです。このスタッフ、キャストで撮れたことを心から誇りに思っています。早くこの映画を皆さんに観てほしい」と感無量の面持ちで本作の完成を喜んだ。

佐藤健演じる剣心を追って京都に行く神谷薫役を演じる武井咲は、「(剣心と)今回一緒にいる時間が少なくて寂しかったですね」とコメントし、会場からは冷やかしの声が上がっていた。

本作で剣心の最狂の敵・志々雄真実を演じた藤原竜也は「剣心に引っ張ってもらって、良い志々雄ができた」とニンマリしながら自身の役に満足気な表情を見せ、「今まで経験したことのない撮影で、大友監督のもと自由に遊ばせてもらった。限界までやりました」と撮影の現場を振り返った。

さらに、志々雄の部下である瀬田宗次郎を演じた神木隆之介は「大好きな作品『るろうに剣心』。その中でも大好きな瀬田宗次郎でこの作品に参加することが出来て本当に光栄です」と、笑顔で作品に参加したことについての喜びを語り、「皆さん(雨で)冷えていると思うので家に帰ってゆっくりお風呂に入って風邪を引かないように夏を待ちましょう」と雨の中、何時間もキャストを待ち続けてくれたファンの健康を気遣う一幕も。

本作の監督を務めた大友監督は、「このメンバーでステージに立てることを誇りに思います。僕の無理目なオーダーに頑張っていただいて限界まで色々な事をしてくれたと思います。精魂込めて作り上げたとても大切な作品です。素晴らしいエンタテインメントになったと自負しています」とコメントし、佐藤健も「やばいっすよ!大友監督、ついにやっちゃったな。これは事件になれば良いと思います」と監督同様に作品の出来に胸を張った。

本作から参戦となる四乃森蒼紫役を演じる伊勢谷友介は、「健くんが若いでしょ?すごく動けるからプレッシャーでした」と本作のアクションがいかに大変だったかを明かし、「彼(佐藤健)が引っ張ってくれたので僕らも頑張らなきゃと目標を高く持つことができた」と、役者・佐藤健を大絶賛。さらには、神木隆之介も「健くんの前作の殺陣が素晴らしかったので、追える背中があった。それを一生懸命追いかけました」と、先輩・佐藤健を目標にしていたことを教えてくれた。

最後に佐藤健が「日本映画の歴史が変わる瞬間を是非、劇場で体感してください」と自信たっぷりの表情で作品をこれから観るファンへ向けてコメントを寄せ、会場は熱気に包まれた中、イベントは終了した。
2014年6月6日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『るろうに剣心 京都大火編』
2014年8月1日(金) 『るろうに剣心 京都大火編』、9月13日(土) 『るろうに剣心 伝説の最期編』丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!