ニュース&レポート

佐々木希、先輩女優・永作博美の“魔法の言葉”に感謝「力をもらった」

さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2月28日(土)公開の映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』の完成披露試写会が行われ、永作博美、佐々木希ら出演者と姜秀瓊(チアン・ショウチョン)監督が舞台挨拶に登壇した。
佐々木希、先輩女優・永作博美の“魔法の言葉”に感謝「力をもらった」

映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』は、日本の“さいはて”、美しい奥能登を舞台に、焙煎珈琲店を営む岬(永作博美)と、この地に住むシングルマザーの絵里子(佐々木希)、ふたりの女性の子どもたちの日常を通じ、人と交わることの喜びを紡ぐ珠玉のヒューマンドラマ。

1月29日(木)、新宿バルト9で行われたイベントでは、永作博美、佐々木希、桜田ひより、保田盛凱清、姜秀瓊 監督が登壇。満席の会場の中、映画さながら焙煎珈琲の店主の役柄を彷彿とさせる衣装をまとった永作が、「今日は本当に寒い日でしたが、こんなにお客さんが来てくれて、本当に嬉しく思っております。とても静かで優しい、そしてなぜかちょっぴり切なくもなる映画が出来たなと思います。みなさんに気に入って頂けたら幸いです」と挨拶。

佐々木は「初めてのシングルマザー役で不安でしたが、この日を迎えられて本当に嬉しく思います。弱さを隠すために強がるというトゲのある母親でしたので、とても繊細な表現が必要だったと思うのですが、そういう時に監督や永作さんがアドバイスをくれて何とか乗り切れました。みなさんの感想が気になります(笑)」とはにかみながら挨拶した。

台湾から来日した新鋭の女性監督、姜秀瓊は「今日、日本でお客さんに観て頂く事になって本当に嬉しく思います。本作では日本の良さもでてますので、ぜひ、皆さんに宣伝してください(笑)」と挨拶したのち、「日本人の俳優、撮影スタッフは、プロフェッショナルだと聞いておりましたが、実際は期待以上でした。永作さんは真摯でオープンな気持ちで、私みたいな海外の監督に接してくれました。佐々木さんは、グッドタイミングで出会ったと思います、これから実力派の女優になる方だと思いますが、この映画でも、ものすごく努力をされていたと思います。素直なところ、ひたすら頑張るところは役に重なるところがあって。みなさん、真心をもって接していけたので、本当の家族のように過ごすことができました」と撮影を振り返った。

そんな監督の演技指導について話が及ぶと、「あまりカットを割らないで、撮っていく手法が、日本の静かな空気をきちんと形にしてくれたと思います。私にとっても非常にありがたい作品です」と永作。佐々木は、「長回しの手法は、なかなか体験したことがなくて、結構目が泳ぐぐらい戸惑っていたのですが、永作さんが魔法の言葉をかけてくれて、自分の思う事をやっていいんだとふっきれて、力をくださってありがたいなと思いました」と先輩女優のアドバイスが成長につながった様子。

舞台上に設置されていた焙煎機(170kg、約250万円)に話が及ぶと永作は、「本当に欲しいです、ただ、こんな大きいものは家族がびっくりしてしまうと思うので…でも本当に愛おしい!淹れる機会があったら是非みなさんに飲んでもらいたいですね」。佐々木は永作の腕前に太鼓判を押して「永作さんは本当にこの焙煎機をマスターしてました!撮影じゃない日もスタッフにも振る舞ってましたし。撮影の時も朝から外までいい香りが漂ってる中現場に向かうのが本当に幸せでした」と撮影現場の様子を明かした。

最後のフォトセッションでは、コップの“フチ”に腰掛けながら、「ただいま」「おかえり」と当たり前のように交し合えることがたまらなく幸せに思える、そんな空気を400人の劇場の観客と共有すべく、永作の「ただいま」の呼びかけに観客が「おかえりー!」と呼応して、本作のオリジナル特製コーヒーマグカップで乾杯し、イベントを終えた。
2015年1月30日
『さいはてにて やさしい香りと待ちながら』
2015年2月28日(土)全国公開
公式サイト:http://www.saihatenite.com/