ニュース&レポート

星野源も仰天!森山未來が「なんとなく野宿してた」…『聖☆おにいさん』完成披露舞台挨拶

聖☆おにいさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
「モーニング・ツー」にて連載中の同名人気コミックをアニメ映画化した『聖☆おにいさん』の完成披露試写会が18日(木)、台場シネマメディアージュにて行われ、舞台挨拶に、声優を務めた森山未來(イエス役)と星野源(ブッダ役)が登壇した。
星野源も仰天!森山未來が「なんとなく野宿してた」…『聖☆おにいさん』完成披露舞台挨拶

世紀末を無事に越えたブッタとイエスが東京・立川でアパートをシェアし、下界でバカンスを過ごす様子を描いたギャグ漫画「聖☆おにいさん」。累計発行部数1000万部を突破し、あの大英博物館でも展示され、世界中から注目を集める人気コミックがアニメ映画され、5月10日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国のスクリーンにて上映される。

完成披露試写会では、上映前の舞台挨拶に、ダジャレやお笑いをこよなく愛し、新しいモノ好きな浪費家イエスの声優を務めた森山未來と、自分とお金に厳しく、シルクスクリーンでTシャツを作るのが大好きなブッダを演じた星野源が登場。共に、本作が声優初挑戦となった二人は、「うれしさやら不安やら、いろいろありました」(森山)、「ずっとあこがれていた世界だったので、すごくうれしかったです」(星野)と、それぞれの思いを振り返った。

また、コミックでもおなじみブッダの趣味“シルクスクリーンTシャツ作り”にちなんで、お互いにTシャツを制作し合いプレゼントするという企画が用意され、森山は星野へ「腹痛」とプリントされたTシャツを制作。「喜んでいただけるかどうかわかりませんが…。源ちゃんはおなかが弱いというのを聞いたことがあったのと、ブッダももともと胃腸が弱かったという説もあることから、愛を込めて」とその理由を説明した。

一方の星野は、森山に「野宿」と記されたTシャツ。「僕しか知らないことかもしれない…」と前置きしながら、「先日、一緒の取材の時に唐突に「俺しばらく野宿してたんだ」って言い出して、「なんで?」って聞いても「なんとなく」とか言うから、すげーなって(笑)衝撃的すぎて、「野宿」しか浮かばなかった(笑)俺なりの「すごいね」という気持ちです」と、森山の仰天エピソードを披露した。

また、主題歌も担当する星野は、「この曲は僕がずっと漫画やアニメーションがずっと好きで「本当に凄い!」と思っていた気持ちを込めました。是非聞いてください」と、楽曲に込めた想いを話し、映画について「ブッダやイエス、街の雰囲気や流れる空気感、季節感は普段僕らが忘れてしまっていた感覚を思い出させてくれるんじゃないかなと思います。最後まで楽しんで下さい」とアピール。

森山も、「この映画は、イエスとブッダが立川という街に降り立ってバカンスを過ごす春夏秋冬を描く映画です。四季やのどかでシンプルだけどあたたかい町並みを二人が感じて行くところを楽しんでいただけたらと思っています。気に入っていただけたら、「おもしろかった」と周りの方にお伝えいただければ幸いです。ありがとうございました」と客席へメッセージを送った。
2013年4月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『聖☆おにいさん('13)』
2013年5月10日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開
公式サイト:http://www.saint023.com