ニュース&レポート

世界の洞窟から in 六本木 〜石丸謙二郎が映画『サンクタム』イベントで洞窟愛トーク

サンクタム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
巨大な洞窟で繰り広げられる脱出劇を描いた、ジェームズ・キャメロン製作総指揮による映画『サンクタム』。本作の公開を記念して、「世界の洞窟から in 六本木」と銘打ったトークショー付特別試写会が行われ、ゲストとして石丸謙二郎、ココリコの田中直樹、ドリームモーニング娘。の吉澤ひとみが登壇した。
世界の洞窟から in 六本木 〜石丸謙二郎が『サンクタム』イベントで洞窟愛トーク

9月16日(金)より公開される映画『サンクタム』は、南太平洋の島に存在する洞窟を舞台に、巨大なサイクロンにより出口をふさがれてしまった探検隊の決死の脱出劇を描いた3Dアドベンチャー作品。

「洞窟の話をしだしたら、一晩かかるよ」と、見つけた洞窟で入らなかった穴は一つも無いというほど洞窟好きな石丸謙二郎は、映画について、「3D映画だったら、洞窟はぴったり!腰のあたりがムズムズする感覚が味わえる究極のサバイバル映画です。洞窟映画で『サンクタム』ほどリアルでエンターテイメントなものはない!」と大絶賛。隠れ冒険家でもあるココリコの田中も、「迫力、スケールが凄くて、3Dで感じる洞窟の深さや奥行きは、探検家のメンバーになって洞窟を探検している気分になりました!迫力ある冒険を是非追体験してください!」とアピールした。

洞窟の魅力を聞かれると石丸は、「洞窟には……何もないんだよ!何もない無機物の世界、幽霊すらいないようなこんなクリアな世界はないし、そこに自ら進んでいくことが素晴らしいんだ!」と、熱弁。観光洞窟と違い、許可なしでは入れないという探検洞窟に石丸と潜った経験がある田中は、「石丸さんは地形をすべて把握しているから、あちこちの穴に入っていって姿が見えなくなるんです!この先になにがあるか知りたくなるのは人間の欲求なのかな…と実際に潜ってみて思いました」と振り返った。

ダイバーとしても知られる吉澤は、「私が入ったマレーシアの鍾乳洞はすごく綺麗でした。でもダイビングは魚が可愛いとかあるんですけど、正直、今まで洞窟の魅力はどこだろうと思っていました…」と首をかしげたものの、沖縄青の洞窟でのケイブダイビングの経験を明かし、「ちょっと怖かったけれど、凄く美しかったです。私は好奇心で生きていくタイプなので、色々お話を聞いたり、『サンクタム』を観たら、海の次は洞窟もありかなと思いました」と話した。

また、「どんな人と一緒に潜りたいか」という質問に吉澤が、「石丸さんや田中さんのような経験者が良い」と話すと、石丸が、「では3人で洞窟探検部を結成しましょうか。チームサンクタムです!!」とチーム結成を即座に宣言した。
2011年9月7日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『サンクタム』
2011年9月16日(金) TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
公式サイト:http://sanctum-movie.jp