ニュース&レポート

「これからの人生は生き生きと!」吉行和子、宝田明、山本學、“燦燦”と輝く将来のシニアライフを語る!

燦燦 さんさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
“高齢者の婚活”をテーマに描いた映画『燦燦 さんさん』が16日(土)に初日を迎え、主演の吉行和子、宝田明、山本學、演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の俳優陣と、外山文治監督らが舞台挨拶に登壇した。
「これからの人生は生き生きと!」吉行和子、宝田明、山本學、“燦燦”と輝く将来のシニアライフを語る!

映画『燦燦 さんさん』は、介護の末に最愛の夫を亡くし、ずっと独り暮らしをしている77歳の鶴本たゑが「人生を輝かせたい!」と奮起し、“婚活”を始めるというストーリー。“婚活”がもたらす生きる喜びと、彼女を取り巻く人間たちのドラマを描く爽やかな感動作。

16日の初日舞台挨拶では、主演の吉行和子、共演の宝田明と山本學のベテラン俳優に加え、外山文治監督、そして蜷川幸雄氏が率いる平均年齢74歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の俳優陣(宮田道代、田内一子、都村敏子、竹居正武、遠山陽一)も加わり、合計9名が登壇する賑やかな舞台挨拶となった。

本作の中で吉行演じる鶴本たゑが口癖のように言う「毎日がスタートライン!」という名ゼリフにちなみ「これからスタートさせたいと思っていることを教えてください」との質問に、吉行は「やっぱり婚活ですね!!」とキッパリ即答。「これからの人生は生き生きと!」と本作の主人公そのもの。それを聞いた山本も「一人暮らしになって6年になりますが、婚活まではなかなか…。茶飲み友達でも出来たらいいですね。自分から誘えない質なので、よろしくお願いします」と答え、会場は笑いに包まれた。

続けて「婚活を始めたたゑがどんどん若く綺麗になっていきますが、若さの秘訣は何ですか」の問いに吉行は、「退屈するのが嫌いですから、何か面白いことはないかなって毎日考えてます。そうしないと普通の老婆になってしまうんですよ(笑)」と観客の笑いを誘うと、宝田は「ご主人や妻を亡くされてお一人の方も多くいると思います。不自由かもしれませんが、それは決して不幸ではありません」と力強いメッセージに、大きな賛同の拍手がわき起こった。

本作が長編デビュー作となった33歳の外山監督は、「(出演者が)人生の大ベテランだったので、監督するのが大変でした…」と恐縮しつつも、「これだけ心強い俳優の皆さんとともに作品を世に送り出せることを、本当に嬉しく思っています」と、大入りの観客を前に、感無量の表情を浮かべた。

イベントの最後には、吉行が「燦燦オリジナルブーケ」を客席に向かってブーケトスをするという“幸せのお福分けタイム”も。宝田にリードされながら、客席に背を向け、ブーケを後向きにトスすると、若いカップルの女性が見事ゲット!最後に吉行は、「この映画は、出演者は年寄りが多いんですけど、若い方たちがご覧になっても、歳を取るのは怖くない!と思えるような映画になっているんですよ。もちろんご高齢の方は、我が事のように楽しくご覧になってください!(笑)」と客席に熱く語りかけた。
2013年11月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『燦燦 さんさん』
2013年11月16日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、ユナイテッド・シネマ浦和 ほか全国順次公開!
公式サイト:http://sansan-eiga.com