ニュース&レポート

古田新太の女装は意外とカワイイ!?『シーサイドモーテル』初日舞台挨拶

シーサイドモーテル

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
生田斗真、麻生久美子、山田孝之、玉山鉄二ら豪華キャストが出演した映画『シーサイドモーテル』が6月5日より公開され、サプライズ・ゲストとして登場した古田新太を含め総勢10名が、新宿ピカデリーにて舞台挨拶に立った。
画像:

主演の生田斗真は、取材に駆けつけたマスコミに向けて「日本が大変な時(内閣交代)に、『シーサイドモーテル』の舞台挨拶に取材に来て下さってありがとうございます。」とねぎらいつつ、「良きインフォメーションをお願いいたします(笑)」と、しっかり念押し。

毎回何を言い出すか、言動が注目(?)される山田は、「僕は、文章を書くのがとても好きで、今、雑誌でも連載させて頂いているのですが、最近は生田くんも同じ雑誌で、直筆で連載を始めました。「やっぱり字っていいなぁ」…。『書道ガールズ!』をよろしくお願いいたします。」と、まさかの別作品をアピール。さらに、“仲良し”の玉山も、「勝新太郎さんの作品のリメイクで、これがラストということになります。」と『座頭市 THE LAST』として挨拶。「あっ、間違えちゃった。『パコと魔法の絵本』に続き、新しく『告白』……。」と続き、生田にツッコまれる始末。※『シーサイドモーテル』初日です。

ここで、初日を迎えたお祝いとして、“花束ガール”が登場し、ゲストを代表して監督と生田、麻生に花束を贈呈。“花束ガール”の中でも、ひときわ異彩を放ち、生田に花束を渡したのは、なんと金髪のカツラを被ったサプライズゲストの古田新太。これには、古田が多忙のため登壇出来ないと聞かされていた出演者らは大興奮。

改めて、劇中での見どころを聞かれた出演者たち。生田をはじめ麻生や成海が、「(劇中での)古田さんの女装姿、この風貌からは想像できないくらいかわいかった」と褒めちぎると、古田は「僕は(自分の)女装姿がかわいいのを知ってますから、むしろ自信満々でした。」と得意げに答え、会場を笑わせた。

また、山田は「まさか最後に壁を突き破って、隣の部屋からターミネーターが飛び出てくるとは…」「出てこないよ!」と生田)。古田と小島は「山田君の顔芸」、池田は「「男失格」な生田君」と、それぞれが答えた。

最後に生田が、「(舞台挨拶は)苦笑するギャグが続いたかもしれませんが(笑)、映画は面白いので最後まで楽しんで観て下さい。」とまとめ、舞台挨拶が終了した。
2010年6月7日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『シーサイドモーテル』
2010年6月5日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷他、全国ロードショー
公式サイト:http://seaside-motel.net/