ニュース&レポート

長谷川博己が堂々の“モテキ”宣言!『セカンドバージン』初日舞台挨拶に豪華キャスト登壇

セカンドバージン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
NHKでオンエアされた人気ドラマを映画化した『セカンドバージン』が、23日(金・祝)に初日を迎え、東京・丸の内ピカデリー2の初日舞台挨拶に、鈴木京香、長谷川博己、深田恭子ら出演者と黒崎博監督が登壇した。
長谷川博己が堂々の“モテキ”宣言!『セカンドバージン』初日舞台挨拶に豪華キャスト登壇

映画『セカンドバージン』は、鈴木京香扮する45歳のキャリア女性と、17歳年下の既婚男性(長谷川博己)のスキャンダラスな純愛を描いた話題作。

映画の魅力を鈴木は、「今の女性は元気でキレイなので『セカンドバージン』のような作品を気に入ってくれたのかも知れません。あとは、鈴木行の魅力ではないでしょうか?長谷川さんは、今、史上最強の“モテキ”ですよね(笑)」。これに対し長谷川は、「お二人(鈴木、深田)が愛してくれたから、鈴木行が魅力的になったんだと思います」。そして深田は、「京香さんの大胆さや美しさ、脚本家の大石さんの描いた女性の強さや爽快感、世界観だと思います」とコメントした。

それぞれの役どころの恋愛観については、鈴木が、「るいは17歳年下の男性と恋をすることに、葛藤があったんですね。でも一度恋に落ちたら周りの状況など気にならなくなった。私もるいのおかげで、恋愛をすることにためらったりしなくてもいいのかな…と思いました」と、役の恋愛観に感化されていった様子を明かした。本作で夫を奪われる妻・万理江という役どころに挑戦した深田は、「万理江は行さんのことを初めて愛した女性だと思うんです。一途で真っ直ぐな女性なので、その気持ちは大切にしたいです」。そして監督は、「一生懸命に人を愛する人物たちを描いた作品なのではないかと。好きになったらしょうがないし、それがこの作品の愛の形なのかなと思います」と語った。

ここで登壇者に、“純愛・大胆・勇気”という花言葉を持つ“なでしこ”の花束が贈呈された。花言葉にちなんだエピソードを求められた鈴木は、「“純愛・大胆”は、あまり持っていないような気がして今まで仕事をしてきたんですが、この作品に取り組むようになって“純愛・大胆”を持てたのかなと思います。“勇気”はずっと持っていたいです。“勇気”を持っているおばあちゃんってかっこいいですよね」。そして、突然大きな声を出すため周囲から「“大胆”だ」と言われるという意外なエピソードも披露した長谷川は、「“情熱”は、お芝居で持っています。“勇気”は、こうやってみなさんの前に立つことだったり、ラブシーンをやったりすることも“勇気”だと思います」。また、深田は、「私は“勇気”もないし、“大胆”なこともできないんですが、日々お仕事などに“情熱”を持って歩んでいきたいなと思っています」

最後に鈴木が、「いろいろなことを少し感じたり思ったりする時間を、『セカンドバージン』から思って頂けたら嬉しいです」とメッセージを送り、「長谷川さんがまだ話足りないようですので…」と、長谷川にマイクをバトンタッチ。突然マイクを渡された長谷川は、戸惑いながらも「“僕らは世界を変えることはできません”が!!僕は今一番の“モテキ”です!」と、同日公開の2本の作品を意識したコメントで“モテキ”宣言し、会場を沸かせた。
2011年9月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『セカンドバージン』
2011年9月23日(金)ロードショー
公式サイト:http://www.secondvirgin.jp/