ニュース&レポート

長谷川博己、「情熱的なところは自分と似ているかも」─『セカンドバージン』トークショー

セカンドバージン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
NHKでオンエアされたドラマを映画化した『セカンドバージン』の公開を前に、本作で、るい(鈴木京香)と恋に落ちる鈴木行を演じた長谷川博己と、るいの部下で行の担当編集者、山田梨恵を演じた田丸麻紀によるトークショーが行われた。
長谷川博己、「情熱的なところは自分と似ているかも」─『セカンドバージン』トークショー

9月23日(金)より公開される『セカンドバージン』は、大石静の脚本により、NHKでオンエアされたドラマを、鈴木京香、長谷川博己、深田恭子ら主要キャストはそのままに映画化。仕事一筋に生きてきた45歳のキャリア女性と、17歳年下の既婚男性のスキャンダラスな純愛を描いた話題作。

「セカンドバージン」の魅力について長谷川は、「仕事一筋で生きてきた女性が情熱的な恋に落ちるというところに、たくさんの方の共感を得たんだと思います」と話し、「僕は脚本家の大石さんに「あなたを見たいと思わないと、このドラマは成功しないわよ。」と言われていたので、かなりプレッシャーを感じながら演じていました。鈴木京香さんと、深田恭子さんという大女優に囲まれ、自分の影がどんどん薄くなっている気がしたんですけど(笑)、ずっと無我夢中に演じているうちに、気がついたら終わっていました(笑)」と振り返った。

一方、田丸は長谷川を「オンエアを重ねる度に、行さんが男性として成長していたので、私も毎回楽しみにしていました。長谷川さんは上品で爽やか。役に入りスーツを着ると色っぽさがでる。すごい役者さんだと思いました」と称賛。ドラマの魅力を、「人間同士の恋は年齢など関係なく、魂と魂のぶつかり合いだと思っているので、「セカンドバージン」は、切ないドラマなんですけど、引き込まれていく理由なんだと思います」と分析した。

この日のイベントでは、ゲストが観客からの質問にも答え、長谷川は、「役柄と似ている点、違う点は?」との質問に、「ストレートに言うところ、情熱的にまっすぐ突き進んでしまうところは似ているかも知れません。似ていないところは、僕はあんなにインテリではないですね(笑)」と回答。共演した鈴木京香についても「凛としているのに愛嬌のある、とてもステキな方です」と語った。

田丸は「るいさんのような上司がいたら?」との質問に、「毎日会社に行くのが大変ですよね(笑)。いろいろな意味で素晴らしい刺激になるかと思います。鈴木京香さんも、忙しいスケジュールの中でも、笑顔で優しくて穏やかな方なので、学ばせて頂きました」と話した。

最後に、映画の見どころについて長谷川は、「ドラマに比べると、かなり幻想的なので、絶対に映画館で観るほうが楽しめると思います。きっとみなさん、ドラマ以上にいろいろと考えたりしますよ」。田丸は、「ドラマの一部分を深く掘り下げた展開がかなり新鮮です。楽しんで観て頂けると思いますので、ぜひ劇場にお越しください」とアピールした。
2011年8月31日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『セカンドバージン』
2011年9月23日(金)ロードショー
公式サイト:http://www.secondvirgin.jp/