ニュース&レポート

渡辺謙がユンファを「憧れのすごくいいおっちゃん」と絶賛!『シャンハイ』舞台挨拶付特別試写会

シャンハイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月20日(土)より公開される、映画『シャンハイ』の舞台挨拶付特別試写会が16日(火)、東京・丸の内ピカデリーで行われ、渡辺謙、菊地凛子と、来日中のミカエル・ハフストローム監督が登壇した。
渡辺謙がユンファを「憧れのすごくいいおっちゃん!」と絶賛!『シャンハイ』舞台挨拶付特別試写会

映画『シャンハイ』は、太平洋戦争開戦前夜の激動の上海を舞台に、巨大な陰謀に巻き込まれていく5人の男女の運命を描いたサスペンス超大作。ジョン・キューザック、チョウ・ユンファ、コン・リー、渡辺謙、菊地凛子ら豪華スターが共演する作品としても大きな話題となっている。

この日の舞台挨拶には、日本人大佐タナカを演じた渡辺謙と、物語のカギを握る謎の女スミコを演じた菊地凛子、そして監督のミカエル・ハフストロームが登壇した。

渡辺謙は、「壮大なスケールの映画です。監督はいい意味で大国の人じゃない。他の国を深く理解しようとする。僕は新潟出身で暗さの中でクリエイトしていく感覚が近いのでやりやすかった。監督とは役作りについても話し合い、今回は英国英語にしようという話になり、一から発音の練習をやり直したし、「日本人」の風習や立ち振る舞いも自分からアドバイスしました」と振り返った。さらに、菊池を「いろんな国でいろんな監督と組んでいるので鍛えられているなと思った」と称賛。作品については、「男と女が必死で愛を紡ぎながら生きていこうとしたドラマ。こういう困難な時代でも乗り越えて生きていこうというメッセージのある映画だと思います」とアピールした。

一方、菊地凛子は、「集中力のいる役でしたが、難しいとまたそれなりにやりがいがありました。謙さんのいろんなアイデアをトライしようとしている姿勢は勉強になり、その後の作品にも活かせました。とても思い入れのある作品です」と語り、共演者のコン・リーについて聞かれると、「撮影現場では蚊が多くて、私は虫よけ対策をしていましたが、彼女は蚊にまったくさされず涼しい顔して汗もかかず、すごい女優さんだなと思いました」と回答。 すると渡辺が「そんなことですか!」とすかさずツッコミを入れるなど、絶妙なコンビネーションを見せつけた。

渡辺謙がユンファを「憧れのすごくいいおっちゃん!」と絶賛!『シャンハイ』舞台挨拶付特別試写会
渡辺は、自身の演じたタナカの「男はロマンチストだ」というセリフに触れ、「彼はロマンチックな男とはほど遠いが、心の奥底ではそれを秘めている。僕もその一人と思ってもらってもいいと思います」と、自身とリンクさせながら語ったほか、チョウ・ユンファについては「憧れのすごくいいおっちゃん!」と笑顔で答え、会場を笑わせた。

本作で初めて来日を果たしたミカエル・ハフストローム監督は、「本作で来日できたことを嬉しく思います。彼らは(渡辺&菊地)は素晴らしい俳優。でもこんなにファニーな方とは思わなかった。ダークな題材ですが、現場は楽しかったです。文化的な背景の面では、キャストのみんなに協力してもらって、みんなで一緒に作った部分もある。特別な一本として印象深い作品です」と語った。
2011年8月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『シャンハイ』
2011年8月20日(土)より丸の内ピカデリー他全国公開
公式サイト:http://shanghai.gaga.ne.jp/