ニュース&レポート

リリー・フランキー&橋本愛『シェル・コレクター』がロッテルダムでワールドプレミア上映

シェル・コレクター

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
リリー・フランキー15年ぶりの単独主演最新作『シェル・コレクター』(2/27公開)が、第45回ロッテルダム国際映画祭Bright Future部門に正式出品され、1月31日(土)に現地で行われたワールドプレミア上映に、主演のリリー・フランキー、共演の橋本愛、坪田義史監督、抽象映像監督を務めた牧野貴が参加した。
リリー・フランキー&橋本愛『シェル・コレクター』がロッテルダムでワールドプレミア上映

1月31日 (※現地時間)日曜日の19:15という映画祭のなかでも最も注目度の高い上映時間帯にワールドプレミアを迎えた『シェル・コレクター』。会場のPathe(パテ)は満席、地元ロッテルダムの観客だけでなく、各国映画祭のディレクターやプロデューサー、そしてキャストファンのアジアの観客など幅広い観客を集め、本作への注目度の高さを示した。

上映前の舞台挨拶には坪田監督、リリー・フランキー、橋本愛、牧野貴の4人が登壇。リリー・フランキーはスーツ姿、橋本愛は黒地にシルバーの花柄の和風なワンピースのドレスに赤いウィッグで登壇。北野武を世界に紹介したことで知られる著名な映画評論家であるトニー・レインズの司会によって、それぞれが紹介された。

坪田監督は「ロッテルダム映画祭は2回目ですが、作品を創るごとに招待していただいて、とても幸せな気分です。この映画は盲目の貝類学者が自然への畏怖を感じる映画ですので、観客の皆さんにも何かを感じ取っていただければと思います」と挨拶。リリー・フランキーは「この映画は監督の妄想世界を映像化しまして、観たら不思議な気分になられるかもしれません。外は雨が降っておりまして、最後まで観ていただけると、雨もやんでいるかもしれません。最後まで頑張ってみてください」。橋本愛は「この作品は日本でもすごく稀有な作品となったと思いますので、観終わったあとにちょっとびっくりされるかと思いますが、是非最後の言葉にできない余韻まで楽しんでいただけると幸いです」と、観客に向けて、それぞれの思いを語った。

上映後のQ&Aでは、司会のトニー・レインズから、今年のロッテルダム国際映画祭にはリリー・フランキーの出演作が3本招待されていることに触れ(『シェル・コレクター』『恋人たち』『トイレのピエタ』)、他の2本では非常に嫌な人を演じているが、本作で盲目役を演じることの難しさはどういうものだったかという質問が投げかけられた。

それに対しリリー・フランキーは「盲目役は盲目指導の人もいたので難しくはなかったが、それよりも本作はCG全盛の時代に反してアナログな撮りかたで、実際に水中5メートルもぐって演技をしなければならないことが一番大変だった」と答えた。

Q&Aの最後には、ロッテルダム国際映画祭のシンボルマークである虎のイラストが入ったチョコレートが、トニー・レインズより坪田監督とリリー・フランキーに手渡された。ロビーでは、リリー・フランキーのファンの女性が駆け寄って話しかける姿も見られ、日本映画の秀作への出演を続けているリリー・フランキーの国際的な存在感を示した。また、フォトコールには、劇中にも出演しジム・ジャームッシュ作品のプロデューサーを長年務めたジム・スタークも駆けつけ、久しぶりの再会に笑顔がはじけた。

リリー・フランキー、橋本愛ともにロッテルダム国際映画祭への参加は初めて。リリー・フランキーは『ぐるりのこと。』でベルリン国際映画祭、『そして父になる』でカンヌ国際映画祭、『野火』でヴェネチア国際映画祭と世界三大映画祭を経験済み、橋本愛は主演作『リトル・フォレスト』で、2015年ベルリン国際映画祭で海外映画祭へ初参加、『シェル・コレクター』で2度目の海外映画祭への参加となった。
2016年2月2日
『シェル・コレクター』
2016年2月27日(土)より、東京:テアトル新宿、沖縄:桜坂劇場他全国順次ロードショー!
公式サイト:http://bitters.co.jp/shellcollector/