ニュース&レポート

大友克洋監督、長編アニメ企画も「そろそろ動き出す」!?『SHORT PEACE』製作発表会見

SHORT PEACE

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『AKIRA』の大友克洋監督を筆頭に、日本のアニメーション界のトップクリエイターが集結したオムニバス作品『SHORT PEACE』の製作発表会見が22日(金)、東京国際アニメフェアにて行われ、大友監督らが登壇した。
大友克洋監督、長編アニメ企画も「そろそろ動き出す」!?『SHORT PEACE』製作発表会見

7月20日より公開される映画『SHORT PEACE』は、『アニマトリックス』などの映像作品で世界に名を馳せるビジュアルクリエイター森本晃司、『FREEDOM』でCGを駆使した独特の映像表現に定評があり、最も新作が期待されている森田修平、『鉄コン筋クリート』の演出を務め、近年は監督としても活躍している安藤裕章、『機動戦士ガンダムシリーズ』のメカニックデザイナーとして活躍しているカトキハジメ、そして、世界がその新作を待ち望んだ大友克洋といった巨匠から新進気鋭のクリエイターが、“日本”をテーマに“固有の文化”、“歴史”、“サブカルチャー”、“未来”を描いた4つのショートストーリー。

イベントには、『火要鎮』の大友克洋監督、オープニングアニメーションを担当した森本晃司、『九十九』の森田修平監督とストーリー原案、コンセプトデザインを担当した岸啓介、『GAMBO』の安藤裕章監督と原案脚本、クリエイティブディレクターの石井克人、『武器よさらば』のカトキハジメ監督とキャラクターデザインを担当した田中達之が登壇。

『スチームボーイ』から9年ぶりとなる新作アニメ『火要鎮』について大友監督は、「最初から短編でやるなら時代劇かなと思っていました。あまりCGに頼らずに、手で描いた柄を着物にハメ込んでみたり、絵巻物のようなテイストのものをやりたいと思っていたので、実際にやれて楽しかったです」とコメント。

“日本”をテーマにした今回のプロジェクトについては、「この企画は震災前からありました。当時、“クール・ジャパン”として日本の文化を世界に発信していこうという動きがあり、日本を舞台に過去から未来へ、それを新しい作家たちと一緒に作ってみようというコンセプトでスタートしました」。また、7月20日公開の本作だが、スタジオジブリの新作『風立ちぬ』(宮崎駿監督)と公開時期が重なることについて触れられると、大友監督は「ジブリには敵わないです。ボクらはボクらでがんばるしかないです」とコメントした。

『九十九』のストーリー原案、コンセプトデザインを担当した岸啓介は、本作のテーマについて「まず日本というテーマがあり、物にまつわる作品にしたいと思ったとき、最初に“もったいない”というキーワードが浮かびました。物としての役割を終えてしまった物に対する慈しみの心、よくがんばったなという思いは、すごく日本的な考え方なんじゃないかと思い、この作品を作りました」。森田修平監督は、「日本昔ばなしが好きで、それを新しくCGで作ったら面白いんじゃないかと思っていたら今回の企画の話があり、物としての存在感を感じられる作品を目指しました」と話した。

『GAMBO』の原案脚本とクリエイティブディレクターの石井克人は、「白クマと鬼が素手で本気で闘ったらどっちが強いのか?その闘いを観たかった(笑)。以前から構想はあったが、どこで発表しようかなと思っていたら今回の企画にぴったりかなと思い作りました」と、着想について触れ、これを託された安藤監督は、「外からくる異形と内からの異形の闘いとしてこの作品を作りました。キャラクターデザインの貞本(義行)さんには、記号的な省略はしないで、生身の人間からデザインに落とし込むかたちでキャラクターを作っていただきました」

そして、大友克洋の原作漫画をもとに、脚本と初メガホンをとったカトキハジメ監督は、「原作の「武器よさらば」は40代半ば以上の人間にとっては忘れられない作品で、この世界の人間で影響を受けていない人はいないんじゃないかというくらいの作品」と称え、「そんな素晴らしい原作をまさか自分が監督するとは思ってもおらず、責任重大という思いで作りました」。キャラクターデザインの田中達之も、「高校生のときに原作の「武器よさらば」と出会いました。大友ファンの間ではカルト的な人気の作品で、全てが好きです。ファン代表としてこの作品に取り組みました」と語った。

4作品が出来上がってからオープニングアニメーション担当として参加した森本監督は、「4作品の橋渡しになるようにと思って作りました。新しい扉を開けて、その向こうに新しい発見があるようなイメージで作りました」と、作品に込めた想いをコメントした。

また、大友監督は、新たな長編作品の可能性について聞かれ、「企画は出しています。震災以降、劇場作品の資金集めが厳しい時期が続きましたが、それがいまは回復しつつあります。もうそろそろ企画が動き出すんじゃないかとボクも期待しています」と、意欲的に語ってくれた。
2013年3月25日
『SHORT PEACE』
2013年7月20日ロードショー
公式サイト:http://shortpeace-movie.com