ニュース&レポート

フィルムの質感とデジタルの機動力──吉田大八&山下敦弘監督が両者の魅力について白熱トーク

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
キアヌ・リーブスが製作総指揮を務め、映画のデジタル化を巡る問題をハリウッドの著名映画監督やスタッフに聞き、シネマの未来を探るドキュメンタリー『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』が現在公開中。1月11日(金)、渋谷アップリンク・ファクトリーにおいて吉田大八監督、山下敦弘監督を迎えてのトークイベントが開催された。
フィルムの質感とデジタルの機動力──吉田大八監督&山下敦弘監督が両者の魅力について白熱トーク

昨年大ヒットを記録した『桐島、部活やめるってよ』では、ALEXAそしてREDというデジタルカメラで撮影をしながら、8ミリカメラにこだわる映画部を描いた吉田監督。一方、山下監督は『マイ・バック・ページ』そして最新作の『苦役列車』を16ミリでのフィルム撮影で挑んでいる。

吉田監督は『桐島』のなかで神木隆之介演じる映画部の主人公が、ビデオよりもフィルムがいいことを力説するシーンについて「あれは、神木くんもなぜフィルムがいいか分からないんです。何かこだわりを拠り所にしないと自分を保てないとこがある人物として考えている。でも、僕はそれをビデオで撮ってますからね」と笑い、「僕としてはフィルムとデジタルどっちでもいいと思ってるんです」と明かした。

それに対し山下監督は、「カメラよりも映写の面でデジタル化の影響は大きい」と上映面での急激なデジタル化にとまどいながらも、「『苦役列車』をフィルムとDCPでの上映を観比べて、フィルムのほうがまろやかな感じがした。フィルムの質感で救われているところもあった」と自身の経験を語り、「カメラが小さくなって威圧感がなくなれば、役者の緊張感は変わってくるかもしれない」と演出面での変化についても解説した。

サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ
また、編集作業については「フィルムはひとつのカット割りを決めるのにすごく時間がかかったけれど、デジタルはとりあえずやってみよう、とアイディアをいろいろ試せる」(山下)、「プリントでの編集は、ひとつの決定が重い。『サイド・バイ・サイド』で『選択肢が増えるのは最悪だ』という言葉があったけれど、ほんとうにそう思う」(吉田)と、デジタルの機動力が一長一短であることをそれぞれ述べた。

フィルムかデジタルかは、信頼の置けるカメラマンが薦めてくれるものを選ぶというスタンスだという吉田監督は、「はっきりと『これはカニじゃない』と分かるカニカマのような、〈カニカマ感〉の強い昔のビデオカメラであったら、観客にずっと観ていられるのが怖かったので、できるだけカットを細かく割ろうとしたり、カメラを振り回そうと思ったこともありました」と振り返った。

長く活動してきたCMの世界でも、主流は35ミリからビデオに移行しており、それでもフィルムで撮るためにプロデューサーを説得する理由として「前後のCMを出し抜きたいから。映画は一度観客を引込めばいいけれど、CMは連続しているので、ひとつフィルムが挟って絵のトーンが変わることで、見ている人に強い印象を与えることができる」と証言した。

また山下監督は、「常に完璧に作りたいと思っているけれど、デジタルになればなるほど偶然を自分で作り出していかなければいけない」とフィルムでの制作が経験値としても現在の糧になっていると発言。フィルム派/デジタル派と単純に二極化して語ることのできない、両監督の映画に対する複雑かつ深い思いが語られた夜となった。
2013年1月15日
『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ』
2012年12月22日(土)より、新宿武蔵野館、渋谷アップリンクほか全国順次公開