ニュース&レポート

M・マコノヒー、S・ヨハンソンら豪華スターが集結『SING/シング』トロント映画祭でプレミア上映

SING/シング

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
月11日(日/現地時間)、開催中のトロント国際映画祭にて、映画『SING/シング』のプレミア上映イベントが行われ、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソンら超豪華キャスト陣が集結した。
M・マコノヒー、S・ヨハンソンら豪華スターが集結『SING/シング』トロント映画祭でプレミア上映

8月に公開された映画『ペット』に続き、ユニバーサル・スタジオ×イルミネーション・エンターテインメントのタッグによる新作アニメーション映画『SING/シング』は、マシュー・マコノヒー、 リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーといった豪華スターが夢の共演を果たした超話題作。大切な劇場を立て直すため、劇場の主宰であるコアラのバスタームーンが、たくさんの動物たちに向けた“歌のオーディション”を開催する。

11日、カナダ・トロントにて開かれた「第41回トロント国際映画祭」のレッドカーペットには、アカデミー賞受賞俳優マシュー・マコノヒーとリース・ウィザースプーン、スカーレット・ヨハンソンをはじめとした豪華キャストが集結。

本作の主役、コアラのバスタームーンを演じたマシューはグレーのスーツを身にまとい、恋人カミラ・アルヴェスと登場。会場に集まった熱狂的なファンたちのサインやセルフィーに快く応じた。マシューはトロント国際映画祭での初プレミアに臨むに当たって「最高の気分です。誰もが楽しめる映画になりましたから。あらゆる面で、最高の出来です」と語り、「観ているうちに、登場するキャラクターが動物に思えなくなってくる。なんだか、僕らと同じ問題を抱えた人間であるかのように思えてくるんです。展開が早くて、あっと言う間に引き込まれてしまいます」と作品の魅力をアピールした。

また、ロジータ役を演じたリース・ウィザースプーンは可憐なピンクのドレスに身を包み、とびきりキュートな笑顔で会場に登場。「これは、夢を持つ多くの人々に、願いを叶える素晴らしさを伝える映画だと思います。私の役は、25匹の子供を持つ母親で、いつも自分の夢なんて二の次。多くの親に共感してもらえるはずよ」と子供のみならず、親子で楽しめる作品であるとコメントを寄せた。

そして、ヤマアラシのアッシュを演じたスカーレット・ヨハンソンは真っ赤なドレスに、前髪をかきあげたセクシーな姿で登場。悲鳴に近い歓声が沸き起こった。本作の見どころについてスカーレットは、「あなたの夢を実現する力を信じてくれている友達を信頼し、勇気を出して彼らの肩を借りること。それに、何よりも大切なメッセージは、挑戦するならリスクを恐れてはならない、ってこと。失えば得るものもあり、得るものがあれば必ず何かを失う。それこそが、この映画の伝えたいことじゃないかしら」と分析し、作品の見どころを語った。

さらに、プレミア上映終了後、本作で象の女の子ミーナを演じたトリー・ケリーがジェニファー・ハドソンと共にデュエット曲「ハレルヤ」をライブパフォーマンスで披露。高い歌唱力を持つ2人のステージに酔いしれた会場からは、万雷の拍手と歓声が沸き起こった。
2016年9月13日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー
公式サイト:http://sing-movie.jp/