ニュース&レポート

堺雅人、撮影が過酷すぎて雄叫び?『その夜の侍』初日舞台挨拶

その夜の侍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
劇団「THE SHAMPOO HAT」の赤堀雅秋による戯曲を映画化した『その夜の侍』。本作が11月17日(土)に初日を迎え、主演の堺雅人、山田孝之、新井浩文、綾野剛、谷村美月、赤堀雅秋監督が有楽町スバル座の舞台挨拶に登壇した。
堺雅人、撮影が過酷すぎて雄叫び?『その夜の侍』初日舞台挨拶

映画『その夜の侍』は、妻をひき逃げされ復讐を誓う男と、追い詰められる男、そして二人を取り巻く周囲の人々が織りなす心揺さぶられる感動の人間ドラマ。

主演を務めた堺は、「僕自身、15年ほど前に劇団をやっておりまして、下北沢で始まったこの小さな物語が、フィルムに焼き付いて皆さんに届くというのが、15年前の自分の夢が叶ったような、誇らしい気持ちです」と感慨深く挨拶。

本作が監督デビュー作品にもかかわらず、重厚なドラマを描き切った赤堀雅秋監督の魅力について、山田は「わかりやすいものもあって、それはそれで面白いんですけど、とにかくこの映画は色々なところで爆発が起きていて…それがとにかく素直に入ってくるものもあれば拒絶したくなるようなものもあって、それが刺激を受けるというか…」と、独特の感性で表現。谷村は、「赤堀さんらしいというか、皆出てる人が愛おしく思えるような作品なのかなあと思います」と笑顔を見せ、赤堀監督が出演者から絶大な信頼を得ている様子を伺わせた。

また、この公開を前に発表された、もっとも将来性のある新人監督に与える『新藤兼人賞』において本作が金賞を受賞。この事に触れられると、新井は、「自分が関わった作品が賞を取ったことは本当に嬉しくて。この前、『モテキ』の監督の大根仁監督と飲んだんですけど、受賞の話をしたら、ものすっごく不機嫌そうでした(笑)」と、赤堀監督の大先輩にあたる大根仁監督とのエピソードを披露。更に綾野は、「この映画は、混沌とした中にみずみずしさも感じるし映画として強度のある作品なのになんでも無かったような…監督、本当におめでとうございます!」と、赤堀監督に労いの言葉をかけた。

出演者からの祝福の言葉を受けた赤堀監督は、「なんかすいません…」と恐縮しながら、「貰えるものは貰っておきます(笑)。でもスタッフとキャスト、そして本日お越し頂いたみなさんのお蔭でこのような評価を頂いたのは十分自覚しています!」と、感謝の言葉を述べ、改めて感無量の表情を見せた。

本作で印象に残ったシーンやエピソードについて触れられると、堺は、「全体的に、自分で自分の顔がよく分らないような顔をしてたなあというのが試写で見た感想ですね(笑)。自分でコントロールできないくらい、掻き回して頂きました」と本作の撮影現場が過酷であった事を振り返ると、山田は、「雨のシーンで、寒さと監督の分り辛い演出のせいなのか、本番前に堺さんが『ウワーッ』って叫び出してたことですね(笑)」と堺が、本作のストーリーさながらに極限状態まで追い詰められていた事を語った。
2012年11月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『その夜の侍』
2012年11月17日(土)より全国ロードショー
公式サイト:http://sonoyorunosamurai.com