ニュース&レポート

ジョージ・クルーニー監督×コーエン兄弟脚本『Suburbicon(原題)』2018年春公開

Suburbicon

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本による最新作『Suburbicon(原題)』が、第74回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品され、2日(土)、公式上映前のレッドカーペットにジョージ・クルーニー監督、主演のマット・デイモン、そしてジュリアン・ムーアらが登場した。
ジョージ・クルーニー監督×コーエン兄弟脚本『Suburbicon(原題)』2018年春公開

ジョージ・クルーニー監督の長編第6作目、ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン兄弟が脚本を手がけた『Suburbicon(原題)』は、白人だけが住む閑静な街「サバービコン」に暮らす、ある一家に降りかかる事件を描いたコーエン兄弟らしいシニカルな要素があるサスペンス。コーエン兄弟は80年代から本作の企画をあたためていた。マット・デイモンが主演を務め、そのほかにジュリアン・ムーア、オスカー・アイザックらが共演している。

第74回ヴェネツィア国際映画祭(8/30−9/9)のコンペティション部門に出品された本作は、9月2日(土)に公式上映。上映前のレッドカーペットにはジョージ・クルーニー監督、主演のマット・デイモン、そしてジュリアン・ムーアらが登場して会場を沸かせた。

今年のヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門は、ダーレン・アロノフスキー、ギレルモ・デル・トロ、アレクサンダー・ペイン、フレデリック・ワイズマンら、そして日本からは是枝裕和監督など注目の巨匠の最新作21作品が出品されている。そんな中、過去には第62回のヴェネツィア国際映画祭で、監督作『グッドナイト&グッドラック』(05)が脚本賞、男優賞(デヴィッド・ストラザーン)を受賞したジョージ・クルーニーは、本年の映画祭でも各賞の受賞が期待されている。

2014年にはイギリス人弁護士・人権活動家であるアマル・アラムディンと宮殿ホテルと呼ばれる「アマン・カナルグランデ」で挙式をしており、クルーニーにとってヴェネツィアはとても意味のある町である。今回のレッドカーペットでも夫人をエスコートして登場した。

『Suburbicon(原題)』は本年10月27日よりアメリカ公開となり、日本では2018年春全国ロードショーとなる。

ジョージ・クルーニー監督×コーエン兄弟脚本『Suburbicon(原題)』2018年春公開

『Suburbicon(原題)』
監督:ジョージ・クルーニー
脚本:ジョエル&イーサン・コーエン ジョージ・クルーニー グラント・ヘスロヴ
キャスト:マット・デイモン ジュリアン・ムーア、オスカー・アイザック
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
Photo Credit: Hilary Bronwyn Gayle (C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

2018年春全国ロードショー

(C)KAZUKO WAKAYAMA
2017年9月4日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加