ニュース&レポート

デンシャ~ガッ シュパツ シマース!オスカー俳優デンゼル・ワシントンが一日運輸指令所長に

サブウェイ123 激突

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
オスカーを2度受賞したハリウッドきっての実力派俳優、デンゼル・ワシントンが、9月4日(金)より公開される『サブウェイ123 激突』のプロモーションのため、9年ぶり4度目の来日を果たした。
画像:『サブウェイ123 激突』デンゼル・ワシントンが一日運輸指令所長に

ニューヨークの地下鉄を舞台にしたサスペンス・アクションである本作にちなみ、デンゼルは、都内を走る都営地下鉄大江戸線の一日運輸指令所長に任命され、20日、国立競技場駅にて行われた任命式に出席。任命式では、東京都交通局長の金子正一郎氏が一日運輸指令所長任命状を授与、一日駅長に任命され都営地下鉄の本物の制服を着て登場した西川史子女医からは、帽子が手渡された。

任命された心境をデンゼルは、「この映画で地下鉄職員を演じたので、いかに大変な仕事かわかっている。実際に地下鉄の職務についているみなさんには、本当に敬意を表したいと思う。」とコメント。一日駅長の西川は「ワシントンさんのように素敵な方が任命されたことで、私のように普段地下鉄に乗らないセレブでも、安心して乗れますよね。」と語った。


画像:『サブウェイ123 激突』デンゼル・ワシントン舞台挨拶任命式後、駅務室に移動したデンゼルは、1:23発の『サブウェイ123 激突』ラッピングライナーの到着にあわせ、ホームの様子をモニターで見ながら、無線で「デンシャ~ガッ トウチャク シマース」と、構内アナウンスに挑戦。一般利用客が電車に乗り込み、ドアが閉まるのを確認すると、「デンシャ~ガッ シュパツ シマース」とアナウンスし、無事、一日所長の職務を終えた。

同日夜にTOHOシネマズ日劇にて行われた試写会の舞台挨拶では、「昨日ロスから着いたばかりで、ちょっとグロッキーだけど…」と断りながらも、「長年サポートしてくれてありがとう。今日お越しいただいた皆さんと一人ずつ握手したいところです。こうやって来日したときにも親切にしてもらい、そういう日本人のいいところをアメリカに持ち帰りたい。」と、観客に向けて感謝の気持ちを延べた。また、世界的に有名な日本人シェフ、ノブ・マツヒサの名をあげ、「天ぷらが大好きなんだけど、天ぷらの美味しいお店を教えてください。」と、会場に問いかける場面もみられた。

ニューヨークの地下鉄を舞台に、デンゼル演じる運行指令官と、ジョン・トラボルタ演じるハイジャック犯の緊迫した頭脳戦が繰り広げるサスペンス・アクション『サブウェイ123 激突』は、9月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国で公開される。
2009年8月26日
『サブウェイ123 激突』
2009年9月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
公式サイト:http://subway123.jp/